冷え性?寒がり?

冷え性?寒がり?寒い季節となってきました。関東周辺でも場所によっては気温が朝0度を下回ることもあるようです。

世の中には暑がりと寒がりが分かれるようです。そして私は極端な寒がりでして、私にとっては厳しい季節となります。夏はクールビズが世間では主流ですが、私はスーツの上着を一回も脱がないで平気なくらいです。しかし少しでも寒くなってくると早々にコートを着てしまいます。

よく暑がりな方は「冬は服を着ればいい、夏は服を脱いでも暑い」と言いますが、私にとっては「夏は服を脱げばいい、冬は服を着ても寒い」という感じ方です。

結局、暑がりは服を脱いでも暑い、寒がりは服を着ても寒いということですね。

特に朝は冷え性なせいか、手足の指先がとても冷たく、布団から出るのに気合を入れなければならなくなってきました。そこで冷え性を改善できる方法はないのかと調べてみたところ…冷え性と寒がりはまったく別なものだそうです

寒がりは寒さを感じる度合いが普通の人以上に過敏な人のことで、冷え性は冷えやすい体質ということです。

冷え性だから寒がりだと思っていたのですが、実際は寒がりはただの個性のようなもので直す必要はないとの事、逆に冷え性は末端神経に血液が回っていないということなので、改善をしたほうがよいそうです。

改善する方法として冷えた部分だけを暖めるのはでなく、身体全体、特にお腹を温めること、そして、ごぼう・れんこん・大根・里芋などの主に寒い地方に出来る野菜などを取るといいそうです。

反対に温かい土地にとれる野菜やスナック菓子など科学的に合成されたものは冷え性の方は少し控えたほうがよいそうです。

今後益々寒くなってくると思いますが、冷え性を治し、寒さを克服して寒参詣に励みたいと思います。教務部でも風邪が少し流行ってきております、皆さまも寒さには十分お気をつけ下さい。

余談ですが雪山で遭難した時には冷え性の人の方が、指先は冷えても大事な胴体の部分の体温が保たれるので長生きをできるそうです。しかしここは渋谷ど真ん中ですから関係ないですよね…(^_^;)

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。