マジック

『 手品師 』
先日、世田谷別院の前にある区の掲示板に目をやると、マジックショーのチラシが張られていまして、ちょっと心が惹かれました。

というのも、今年のれんげまつりというお寺の集いでマジックを披露しようかと考えていたからです。

 

私は以前、先輩の結婚式の二次会で余興を頼まれ、そこでマジックショーをしたのですが、それ以来、れんげまつりや敬老会などで度々、披露をしていました。マジックといっても、テクニックは皆無で、タネ任せですが…それでもまあまあウケていたかな(^_^;)

しかし、ここ数年は披露をしてなかったので気持ちも少し後退気味でした。そこでモチベーションをアップと、またマジックを何か学べればとの思いと、さらには場所がお寺からほど近い宮坂区民センターで夜七時から、入場は無料。とプラスアルファもあって、昨夜、マジックショーを見にいってきました。

区民センターの前はよく通るのですが、中に入ったのは初めて。すこしドキドキしながら会場に向かうと、子供や大人、どちらかというと大人が多かったですが、数十名のお客さんが来ており、なんだか和やかな雰囲気で、初めてでも気軽に行ける感じでした。

マジシャンはサクマタカシさん、ボランティアでマジックをされている方でした。いつもは寄席ぼんじゅう亭(区民センターで無料でやっている寄席)の中で落語の合間にしているそうですが、今回は独演会とのこと。

北斎 奇術絵マジックは二部構成で、一部は面白おかしいマジックで、タネも分かりやすくお客さんを巻き込んでのもので、みな笑顔でした。

第二部は一部と打って変わって、本格的なマジックで鮮やかな技にみな驚いていました。ちょっと気になったのが、私の後ろにいたお客さんのおじさんでした。

周りの人は「おー」とか「え!」とかの驚きの声を上げているのに、そのおじさんだけが「ん?」といっているのです。気になって後ろを見てみると「ん?」といったあとに必死にメモをとっているのです。

私はなんだかそれが面白くて後半マジックに集中できませんでした。ちょっと気になるおじさんでした。あとで考えるとあのおじさんも何かの宴会でマジックを披露するのかなぁと思いました。

そういえば、一部と二部の間に、中村家東天紅さんという方が動物の鳴き声のものまねを披露されていました。この方の御年はなんと85歳、これまたボランティアでされており、特に東天紅鶏という長く鳴く鳥のマネが印象的でした。85歳が全力で鳴きまねをしている姿に、失礼ながら思わず笑ってしまいました。亀の鳴き声もよかったなあ(^o^)
いろんな人がいるなあと思いました。「ん?」私もか(笑)

全部で1時間半くらい、楽しくてあっという間でした。お陰様でモチベーションもアップし、演技の構成やマジックの勉強にもなりました。これで、れんげまつりで楽しいマジックショーをお届けできる?とオ・モ・イ・マ・ス(^_^)v
 
今度は寄席も見に行きたいと思っています。やっぱりなんでもライブはいいものだなあ。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

マジック” への2件のコメント

  1. サクマタカシマジックショーご来場誠にありがとうございました。当日裏方を担当しておりました、容旦です。サクマさんは、宮の坂区民センターで寄席ぼんじゅう亭にもレギュラー出演してます。次回は3/15土曜日です。機会がありましたら、ぜひお越しくださいませ。「寄席ぼんじゅう亭」で検索いただければ直近の開催日なども掲載しております。

  2. コメントありがとうございます。マジックショー楽しみに見させていただきました。お陰様で私のマジックショーもそれなりに皆さんに楽しんでいただけたようでよかったです。

    ぼんじゅう亭にも是非、お伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。