ネクタイ

nekutai出かける前のスーツに必須といえる装飾品にネクタイがあります。ネクタイを締めなければ畏まった場でパッとしません。ふと先輩が着替えているときにそのネクタイの締め方が私と違っておりました。

「あれ?私は今までネクタイの締め方を間違えていた!?」

と慌ててネクタイの正しい締め方をネットで検索したところ、間違いではなく締め方にも色々な種類があるそうです。

 

○最も格式のある結び方であり、簡単にできて、どんなスタイルのネクタイやシャツの襟にも合う「シンプルノット」
○シンプルノットの巻く部分を二重巻きする「ダブルノット」
○結び目がふっくらと大きめに仕上がり、あらたまった大切な機会に適した結び方である「ウィンザーノット」
○エレガントな三角形気味の結び目ができる「ハーフウインザーノット」
○結び目を小さくまとめる「スモールノット」

と大まかにでもこれだけの結び方があるようです。ちなみに私がずっとしていたのはシンプルノットで、その先輩はウインザーノットでした。さすが先輩・・・丁寧です。

それぞれ体格やその時のスーツによって合う結び方もあるので、一度ネット等で調べてみるといいかもしれません。たとえば私はどちらかというと細身なので、今までのシンプルノットだと結び目が小さくネクタイが長く伸びていましたので、ダブルノットに結び方を変えました。本当に畏まった場ならばウィンザーノットを調べて結んでいくと良いかもしれません。

ネクタイの結び方ひとつとっても奥が深いものがあり、そんなことも知らずに過ごしてきた自分を少し恥ずかしく思いつつ今日もネクタイを締める今日この頃です

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。