京都と東京の魅力

kyoto
京都には古くから、「通り名かぞえ唄」というユニークな唄が伝えられています。

まるたけえびすにおしおいけ
あねさんろっかくたこにしき
しあやぶったかまつまんごじょう
せったちゃらちゃらうおのたな

これは京都の町の東西を結ぶ道を、北から順番に数えたもので、かつては京童たちが手毬唄として親しんできたといわれています。

 

「まる」は「丸太町通り」、「たけ」は「竹屋町通り」といった具合に、今でも迷子になりそうなとき、この唄を手がかりに歩けば、だいたい目的地近くにたどり着くことができるというわけです。お休みの日など、この唄を口ずさみながら、京都の町をお散歩するのも一興です。

先日私は「あねさん」の「さん」にあたる「三条通り」を散策しましたが、ここにはたくさんの洋服屋やカフェがあり、連日たくさんの人でにぎわいます。三条通りと烏丸通りの交差する所にある「伊右衛門サロン」は、サントリーが経営するおしゃれなレストランです。料理も美味ですが、香り高い煎茶や滋味豊かな焙じ茶が楽しめます。

開導聖人はその御生涯で多くの御法難に遭われ、たびたび転居を余儀なくされたと伝えられますが、その内の一つ、かつてのお住まいがちょうどこの辺りだそうです。すぐ近くには、開導聖人ご生家跡に建てられた誕生寺があります。元々ご生家は「ゑびすや」という和装小物のお店だったそうですが、いまでもこの辺りには、呉服関係のお店が軒を連ねています。

かつては生地商の屋敷であったという建物は、現在「紫織庵」として一般公開され、じゅばんや浴衣を展示、販売しています。すこし想像を巡らせば、聖人御在世当時の面影を偲ぶこともさほど難しくありません。

このように風情のある京都の町ですが、一方でわれらが東京はどうでしょう。戦争で大半の街が灰燼に帰し、区画整理がなされたことで、昔懐かしい町名や街並みはだいぶ失われたといいます。

それでも私が幼い頃は、古老たちの話の中にふるい地名が出てくるのをしばしば耳にしたものです。そんな時はなんとなく、空想の中でセピア色の景色が広がるような、不思議な感慨にとらわれたものでした。

両国のやっちゃば、佐竹の三味線堀、業平のなめくじ長屋、北割下水、南割下水、吉原と洲崎の二つの遊郭をつないだ親不孝通り等々。この他にも、神田の紺屋町などと聞くと、「花のお江戸の吉原で 廓すずめの言うことにゃ」というあの浪曲が、どこからともなく聞えて来るような気がするのです。

これらは雅な京の都に比べれば、いくぶん下世話であるものの、かつての町民たちの暮らしぶりや息遣いをしのばせる、粋な呼び名の数々です。こうした町名も、もはや地図の上にないものも多いのですが、それでも私はしつこく昔の呼び名にこだわってしまいます。

それと同時に失くしたくないと思うものがあります。意地っ張りで喧嘩っ早くて、おせっかいで涙もろくて。そんな江戸っ子の人情や心意気といったものは、いつまでも大切にしたいと思うのです。↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

寒参詣

乗泉寺では今年で113回目の寒参詣が始りました。寒い日が続き風邪も流行っていますが、無事に一ヶ月間を過ごせるように精進させていただきたいものです。佛立開花運動も三年目を迎え、今年のテーマは「ご利益の喜びを感得するご信者を増やす運動」です。

Change(チェンジ)はChance(チャンス)。

改良はご弘通の花を咲かせる大いなるチャンスになります。寒参詣に励むことによって去年の改良すべき点を改良できるようにお計らいをいただきたいものです。

御導師をはじめ、教務さんやご信者さんが皆一緒になって御題目をお唱えすることができるのは、一日の中で朝参詣の時間だけです。異体同心となって皆で他の人の幸せを願い、御題目を一生懸命お唱えすれば大きな力、功徳となります。

全信者が異体同心となって御題目を唱えられるのは朝参詣という本当に貴重な時間だけですから、せめて1ヶ月間は力を入れて寒参詣に励ませていただきましょう。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

京都のお正月‏

平成二十七年がスタートしました。
雪の日京都本山では元旦会も無事に終わり、たくさんのお参詣を頂きました。この日は朝からチラチラと雪が舞い始め、みるみる内にくるぶしまで埋まる程積ってしまいました。次の日の朝は局長さんやご信者さんと一緒に、山門前の雪かきをさせていただきました。

雪かきといえば思い出すのは、佛立第二十二世講有井上日慶上人のことです。

今年と同じように大雪に見舞われたある年、朝早くから乗泉寺の境内を雪かきする一人のおじいさんがいました。

おじいさんは長靴を履き、タオルで頬かむりをして、せっせと雪かきをしています。ご信者さんが近づき、「御苦労さまです」と声をかけると、何とそれが日慶上人だったというのです。

日慶上人はその頃もう八十代を過ぎておられたと思いますが、ご自分の御体より、お参詣に見えるご信者さんのことを配慮されていたのです。

私もこうした御姿を見習って、他の人を思いやり、すぐに実行に移せるような教務になりたいと思います。

雪の日2冬は嬉しや 二人揃って雪見の酒
障子開くれば 銀世界

雪かきが終わり、京都の町を散歩すれば、端唄の文句そのままの景色が広がっていました。

みなさんはお正月、ゆっくりと過ごすことができましたか。おせちに甘酒に、白味噌のお雑煮…私はお正月料理の食べすぎで、少し太ってしまいました。

六日からは寒参詣が始まります。お互い寒さに負けず、お参詣、御奉公に励みましょう。

Share on Facebook

縁の下の力持ち

落ち葉世田谷別院には大きな楠の木があり一年中葉っぱが落ちます。

秋頃からは銀杏の葉も落ちますので、少しでも掃除を怠ると葉っぱだらけになってしまいますが、毎朝お掃除をしてくださる方のおかげで、世田谷別院の境内はいつも綺麗な状態でお参詣者をお迎えすることができます。

 

お掃除されている方に大感謝すると同時に、もうひとつ感じたことは何事も自分の目で見えているものの元をたどり、それを感じとることの大切さを忘れてはならないということです。お寺の境内が綺麗であれば、その元をたどるとどなたかがお掃除して下さっているのだなあ、ありがたいことだなあと感じる。

お寺の行事がスムーズに進むことの元をたどると綿密な段取りがあるからだ、陰でご奉公されている人のおかげだなあと感じる。常に目の当たりにする事柄の背景を察知する感覚は生きていく上でとても大切だと感じました。

お互いはいつもだれかに支えられて生きている事を忘れず、謙虚に生きていきたいものです。

Share on Facebook

元旦について

毎年のように12月31日おおみそか、除夜の鐘をきいて、1月1日の早朝、元旦にお寺参りなどが恒例の人が、日本人の大多数です。まだまだ日本の習慣はすたれていないようです。

しかし年末年始に海外で、あるいはスキーで自宅以外でお正月を過ごす人も数万人、数十万人おられ、おそらくその人にとって正月は1月1日の暦の上の時間の通過点のような感覚、あるいはお休みの日の思いではないでしょうか。

現代は自由の時代ですから、「私の勝手でしょ」「家族の勝手でしょ」の感覚の人が増えつつあるのではないでしょうか。これはお正月の意味、意義がうすらいでいるからではないかと思われます。

1月1日は暦の上では、1年の単なる始めにしか過ぎません。元旦は1月1日が始まる早朝、最初の朝の意味。元日は1年の始まりの日。この日が起点となって、1年が始まる意味。正月は特に1月をいい「正」が年の始め、年の改まる意味があることに由来します。

正月、元旦、元日は1年の始めとして最も重要な折り目の日で、1年の安穏を祈る大切な意味があります。1月1日は機械的にぐるぐるめぐる暦の上での最初の日です。

平成27年も皆様と共によりそって、きずなを大切にして、力強く、一歩一歩あゆまれること、祈念させていただきます。合掌

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



 

Share on Facebook