世田谷別院掲示板

⑦「人生は、上り坂、下り坂、そして、『まさか』の連続」

私たちの一生の間には、すいすいと坂を上っていくように、何事も順調に運んでいく時もあれば、坂の上から滑り落ちるように、都合の悪いことばかりが続いてしまう時もあります。そして突然、全く予想もしなかった「まさか」の出来事に遭遇し、どうしたらよいかわからなくなってしまうような場合もあります。

けれども「本門八品所顕上行所伝本因下種(ほんもんはっぽんしょけんじょうぎょうしょでんほんにんげしゅ)の南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経…」と、御題目を唱え重ねていけば、そのような波瀾万丈の毎日を、仏様が、必ず望ましい方向へと導いてくださいます。どうぞ、どなたも本堂へお入りになり、ご一緒に御題目をお唱えになってください。

【平成27年6月1日より掲示中。なお、前回より、掲示板ポスターの絵は別院くんげ会のお子さん方に描いていただいております。そちらも是非ご覧ください。】

 

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

開導会に向けて

スタンプまだ私が青年会で御奉公させていただいていた、ある年のこと。私はお会式で「青年の一座」の司会を任されました。

当日に向けてリハーサルを済ませ、明日が本番という時、急に寒気を催し、たちまち39度の熱を出してしまったのです。

 

翌日になっても熱は下がらず、代わりの人も都合がつかず、半ば投げやりな気持ちでお寺に向かいました。座が始まっても頭は朦朧としたまま、立っているのもやっとでしたが、たどたどしくも台本に書かれた文字を目で追い、マイクに向かって話し、必死に司会を務めました。

座はそのまま進行し、無始已来の言上で終わりましたが、最後のガンが鳴り響いた後、今までの熱が嘘のように引いていることに気が付きました。それまでの頭の痛みもめまいも嘘のよう。悪い夢から覚めたようでした。

忙しい毎日。時間やお金をやりくりし、体調を整えての御奉公は確かに楽ではありません。しかし御奉公は太く短く。これが大切で、夢中に懸命にさせていただく中に、必ず現証の御利益が頂けます。

13・14日は開導会です。皆さんが生き生きと喜んで御奉公に励み、また一人でも多くの方がお参詣される事を願ってやみません。

 ↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook