新本堂への思い②

10月31日(土)、新本堂に日蓮聖人の御尊像をお迎えした。

新本堂大御本尊の開眼(御本尊にお魂を入れる儀式)

新本堂大御本尊の開眼(御本尊にお魂を入れる儀式)

お教務さんのみで行われ、とてもおごそかな雰囲気。

御本尊御開眼後、お教務さんが隊列を組み、御尊像を8名の若手教務さんによって、慎重にお運びする。

御遷座の様子

隊列の周りには、この日を待ち望んでいたご信者さんで埋め尽くされた。

御遷座の様子

 

 

 

この大事な瞬間を撮影しようと必死なひと。

合掌して祈っているひと。

不安そうに見つめるひと。

 

 

 

色々な人の思いが飛び交う中、隊列は進む。

 

そして、新本堂へ….

御遷座の様子 御遷座の様子 御遷座の様子

日蓮聖人の御尊像を安置して、数名の教務さんによって、手際よくオカトウとお綿をかけた。

そして、住職川口日智上人のご唱導のもと、御尊像、門祖・開導聖人、十界諸尊の開眼が行われ、教務、信者ともにお題目口唱をさせていただく。

お看経

最後に、上から見た新本堂

新本堂新本堂

今回の新本堂設計に関わった者として、改めて素晴らしい御宝前が完成したと思います。

改修に関わった、教務師、ご信者さん、そして鹿島建設のみなさんに心より感謝申し上げます。

この御宝前がより荘厳となるよう精進して行く所存であります。

渋谷、代官山に来たら、是非ともお参詣下さい。
↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。