雪の中で思うこと

1月18日、未明より降り始めた雪によって、東京の交通網は大混乱となりました。18日の朝、お給仕前に表を見たところ、思わぬ積雪に大2年前の雪模様変驚きました。

 

 

 

 

 

 

その日は、地域外のご信者がおられる埼玉県の鶴ヶ島方面に向かう予定でした。降雪は朝のうちに雨に変わりましたので、雪解けを期待して10時に出発。ところが、首都高から関越自動車道にかけて通行止めとなっており、同時に一般道も激しく混雑していたため、予定よりも大幅に時間がかかってしまいました。

無事に御奉公をさせていただくことはできましたが、雪に弱い都会のもろさを実感しました。

また、ニュースなどで見ますと、首都圏各地の電車も大変混乱していたようでした。世田谷、渋谷近辺も三軒茶屋駅や下北沢駅でホームに入れない人が大勢いらっしゃったようです。

寒参詣(1月6日~2月4日6:00開門)の期間中、一度や二度降雪に見舞われることがあります。そのような中でも、開門よりお参詣をされている方の姿を拝見いたしますと、頭が下がる思いです。

もちろん、交通機関の影響でお参詣ができないという方もおられますが、そういった時には夕刻にお参詣をされる方もいらっしゃり、皆さん寒参詣を一生懸命勤められているのだなと、随喜の念がこみ上げてまいります。

今年の寒参詣、現在も期間中ですが、昨年11月に入信をされた方が毎日お参詣をされております。お母様から勧められて入信をされた方なのですが、自分が抱えている問題の解決をご祈願され、お参詣に勤められております。

お参詣をする、ご信心に励む、口唱に励むなど、思い切ってさせていただきますと、不思議とご利益を感得できるのが、当宗のご信心の有り難いところです。寒い中、朝早い中のお参詣は辛く厳しいものですが、そういったところをお参詣することで、たくさんの功徳を積むことができます。

寒参詣の期間はもちろん、普段からのお寺参詣に励ませていただきましょう。そして、今年に入ってまだお参詣をされていない方は、是非お寺お参詣をさせていただきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。