社会の平和を目指して

廃墟と化した街
ちょっと前のことになりますが、北朝鮮がミサイルを発射して、日本中が騒然となりました。宇宙に飛ばせば人工衛星ロケット、他国に向けると長距離弾道ミサイル。どんなにすぐれた発明品も、それをあつかう人間が悪用すれば、人を傷つけるモノになってしまいます。

 

文明と人間とは互いに切っても切れない関係にあるのですから、世も人も共に良い方へと変わってこそ、笑顔の絶えない社会が実現して、心からおめでたいといえるのです。

仏様は、社会ということについて、こんなふうに仰っています。

「幾千万の人が住んでいても、互いに知り合うことがなければ、社会ではない。社会とは、そこにまことの智慧が輝いて、互いに知り合い信じあって、和合する団体のことである。まことに、和合が社会や団体の生命であり、また真の意味である。」

いかがでしょう。正しい社会をつくるには、真の智慧が輝いて、その光を浴びて心を一つにしなくてはいけないのです。

地球私達が住んでいる地球も、太陽という光がなかったら、ただの暗闇にすぎません。光のハタラキによって地上に色彩がもたらされるように、仏様はわれわれ人間に光をあてて心に色彩を与えて下さいました。

その光こそが仏法なのです。そして仏法の中でも法華経の教えこそ、人々の心を隅々まで明らかにする、この上ない尊い光なのです。

桜と光妙法の光に照らされて、私達は初めて己の姿を見ることができるのであり、また、社会に生きる他者の存在を知ることができるのです。妙法の光が届かなければ心は暗闇のままで、お互いの存在を認め合ったり、手を取り合って、喜びを分かち合うこともできず、虚しくひとりぼっちのままなのです。

お祖師様は「天晴れぬれば地明らかなり。法華を知るものは世法を得べきか。」と仰せで、法華経御題目の光によって、この世を明るく住みよくしていかなければならないとお教え下されています。

お互いがいただく御題目様には、人々の心の凹凸を平らにして、和合させるお力が備わっています。その大慈大悲を世の中にも弘めて、お互いによく知り合い、信じあって、助け合うことができる、そんな正法興隆の世にしていかなければいけないと思います。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。