受験合格のお計らい

この春、高校受験をするとき、多くの皆さんにお助行をしていただき、無事に志望校に入学することができました。

ぼくは小学校高学年のころから、朝はなかなか血圧が上がらず起きるのが大変という、起立性調節障害という症状に悩まされていました。中学校の1、2年のときは特にひどく、学校にいけないことも少なくありませんでした。

このため、高校受験にあたっては内申点があまり取れないので、とても不安でした。お父さんが「受験のお助行をしていただいたらどうだ」とアドバイスしてくれたので、青年会の先輩に話したところ、青年会、あゆみ会の皆さんでお助行をしてくださることになりました。

昨年の6月から毎月1回、直前はそれ以上お助行をしてくださいました。毎回、多くの方にお参詣いただきました。

自分も塾に通って勉強に力を入れるとともに、他の方のお助行があるときは積極的に参詣するように心がけ、また青年会のご奉公にもがんばりました。

志望校の試験当日は、意外と落ち着いて臨むことができ、「できたんじゃないかな」という手応えもありました。そして、おかげさまで無事に合格することができました。

具合も大分よくなってきており、いまは順調に通学し、軽音楽部に入って楽しく活動しています。 

大勢の方々にお助行をしていただき、ありがとうございました。

今年は青年会のお役もいただいたので、ご奉公にもこれまで以上に力を入れ、少しでもお役に立ちたいと思います。

青年会K.S

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。