懺悔・改良・百本祈願

昨年風邪をこじらせて、心不全をおこしてしまい、医者から、苦しくなったら直に救急車で病院に飛び込めと指示されていました。出来るだけ安静にしていたので、家事もまともに出来ない状態が続きました。今年に入ってその心配はなくなりましたが、体カが回復せず、食欲もなく、そんな状態が四月頃まで続きました。 

それでも教区内のご奉公は何とか頑張っていました。でもお寺に行けません。夜、薬を飲むもので、夜中、七、八回トイレにおきます。やっとお寺に行けても居眠りばかりです。お導師の「一日に一度はお寺に来るように」とのお折伏にも、気特ちはお落ち込むばかりでした。もう体カの限界を感じもう何もしたくない。と諦めかけておりました。 

そんな時、定期検査にひっかかり、膝の恥骨の処に、三、四センチ大の腫瘍が見つかり、癌の可能性あり、とのことです。ほっておいていいものではないが、簡単に手術出来る場所ではないとの事、手術しても、七割は歩けなくなるとか、人工肛門をつけるとか、後遺症が残ると言います。 

実は、ここに至るまでには、私に一つ気になることがありました。一年半程前から謡曲のお稽古を始めました。若い頃より謡曲の調べは好きでしたが、まさかそれを習う機会に恵まれようとは思いませんでした。私に向いていたのか、楽しくて、このうえないストレス解消でした。でものめりこまない様に気をつけていましたが、性格的にそうはいきませんでした。 

何か体調も、ご奉公でもスムーズにいかない事が続きます。“気のせいよ!一つぐらい好きな事やってもいいじゃない!”と自分にいい訳をしながら、心のどこかで「まずい!まずい」と思いながら続けました。そして、結果がこうです。 

私は、頭を殴られた思いがいたしました。でもとても手術する気力も体力も無いと思え、御法様におすがりするしかないと、心を決めました。医者には、悪性でも良性でも、手術はしないです。痛くなったらよろしくお願いしますと伝え、医者も承知してくれました。 

私は御宝前にお懺悔をして、検査の傍ら、五月一日より百本祈願に入りました。主人もそれしかないと思うならと、全面的に協力してくれました。開門から午後一時、二時まで、ひたすらお題目をお唱えしました。最初の一週間は、つらくて、つらくて、文字通り、這うような思いでお寺に行きました。家へ帰りつくと、倒れるように横になります。十日も過ぎる頃、不思議と身体が軽くなっていくのが分りました。段々と食欲も出てきました。 

気が付くと教区のご奉公も中断することなくやっておりました。ご祈願も最初は自分の身体の為のみでしたが、何時の間にか自分の身体のことよりもご奉公成就しますようにと願っていました。五月二十日百本祈願成就。検査の結果、何処にも癌はありませんでした。後は肉腫の心配ですが、年令的にその確立は低いとのことでした。 

ご祈願が終ってもずっとお寺に来られます。御法様は諦めかけていた私に、このような形で信心決定をさせてくださったのだと思います。「そうしたいと思う」とかではまだ決定ではなく「思い切る、こうさせていただく」様々ないい訳はなしで身体を動かしてしまうとこにご法様のおカを頂けることをお教えて頂きました。(K.T)

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。