安らかなお顔を拝見して

ありがとうございます。豊浦教区の桐生と申します。私達の部内で、長いこと2代目の御信者として御奉公されていた浅見さんが5月18日、83歳で帰寂されました。 

お題目のお力で寂光浄土に向かわれたお姿は本当に美しく、まるで生きておられる様でありました。総しぼりのお着物を召して、ほほえんでいる口元は、皆様に「ありがとうございました」と御挨拶しているようでした。

この様な立派なお姿を見せて頂き、私達も元気で御奉公させて頂きたいと心から思いました。 

浅見さんには娘さんと息子さんのお二人のお子様がおりまして、娘さんは働きながら、お母さんの看護とお寺参詣、部の会計の御奉公を一生懸命にされております。

息子さんの方は、あまり御信心にはふれていませんでしたが、お母さんの最後の素晴らしいお顔を見て、また御講師をはじめとして、部内の御信者さんのお力添をいただき、法灯相続に繋がることができました。

これからも皆さまのご指導のもと、御奉公させて頂きたいと思います。(T.K)

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。