平成26年度成人式

誓いの言葉去る1/11乗泉寺に於いて「成人式」が挙行されました。今年は9名の新成人がお参詣され、御宝前で無事成人の御礼言上があげられました。

式典の中では、事務局長より20歳になって責任感と社交性を身につけてほしいというお言葉を頂戴しました。

新成人その後、御導師より日々のお寺参詣に励んでいろいろな経験を経て立派な社会人になってくださいと御訓辞を頂戴しました。
出席した新成人者の一人が成人式の感想を書いてくれましたので、ご紹介いたします。
 

乗泉寺で行われた成人式についての体験談を発表したいと思います。
正直言うと乗泉寺から成人式の招待の手紙が届いたとき始めは参加する事にあまり気が進みませんでした。

というのも、これまではお寺にお参詣するといえば、お会式や元旦などの大きな行事の時にだけ親に連れられて嫌々ながらお参りをしていた程度だったので、自分からお寺に行こうという気持ちにはなれませんでした。

しかし、ずっとお世話になっている同じ教区のご信者さんに「一生に一度の事なのだから出ておいた方がいいよ。私も当日にお祝いしに行くから」と御折伏をいただき参加させてもらう事にしました。

当日お寺に行き本堂にお参りすると成人者専用の赤いじゅうたんが敷かれた席が設けられてあり、普段のお寺とは違った雰囲気に驚きました。また、ご住職や、お講師方が自分達の成人式のためにお看経をあげてくださっていることが嬉しかったです。

第二部の祝賀会にも参加してみて普段話す機会が無かった他の教区の青年会の方と話を出来たことや普段伝えられない親への感謝の気持ちを伝える事も出来ました。

はじめは気が進みませんでしたが、今となっては参加させていただいて本当に良かったと思います。

今回は自分がお祝いをしていただいたので、来年の成人式ではお祝いをさせて頂く側として御奉公させて頂こうと思います。また、今まで御奉公にはあまり出ていませんでしたが、これからは、すすんでお参詣御奉公に励まなければならないと成人式を通じて感じさせていただきました。(K.U

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。