日晨上人について

日晨上人日晨上人は、明治三十二年(1899)十月二十六日、東京府麻布区竜土町(りゅうどちょう)でご誕生、佛立第四世講有日教上人より「清長」(せいちょう)と命名されました。

東京府立一中在学中、十六歳で乗泉寺において日歓上人のご剃髪(ていはつ)をいただきました。大正十年より受持ご奉公を拝命し、同十二年には早くもその資質を認められて副導師に任命され、恩師・日歓(にちかん)上人のご息女「愛子様」と結婚され、同年十一月十二日弱冠二十五歳にして、乗泉寺第十九世の法灯を継承遊ばされました。

昭和二年五月、住職として麻布乗泉寺の開筵式、同四年十月には世田谷別院の開堂式を挙行する等、乗泉寺の寺観を整える一方、教勢の拡大、弟子の教育に類を見ない程の充実ぶりを示し、都内全域は言うに及ばず、そのご弘通は東海道から信越・東北と及び、遠く北海道にまで教線は浸透していきました。

その間、昭和九年には佛立講の教務長に就任され、昭和十一年四月、恩師・日歓上人の佛立第八世講有位進達式をご奉公されて、昭和十三年七月に本門佛立講副講有に就任されたのです。そして同十一月には昇進して「信照院日晨」と号されました。

やがて太平洋戦争も熾烈を極めた昭和十九年五月三十日、恩師・日歓上人のご遷化にあわれ、翌二十年五月二十五日には、乗泉寺本堂の戦災という悲運にも見舞われました。しかし逆境を克服され、二十一年に早くも復興、開筵式を挙行されました。

一方、宗門の一宗独立にも尽力され、ついに昭和二十二年三月、本門彿立宗は法華宗より分離独立を果たしたのでした。一宗独立後、日晨上人は初の宗務総長に就任され、権大僧正に昇晋されました。

昭和二十五年五月、日晨上人は英断をもって旧地麻布から渋谷鴬谷に乗泉寺を移され、仮本堂の開筵式を挙行されました。昭和三十年にはご内室愛子様の急逝という悲しみにあわれましたが、この時、日晨上人は宗門の中枢にあって、宗制改正の大事業を完了されたのでした。

やがて昭和三十年の開講百年のご奉公を経て、昭和三十二年に「山内麗子 (やまのうちよしこ) 様」 と再婚されました。宗門はますます上人の行政手腕に期待を託し、昭和三十三年本宗参議、昭和三十五年に再び宗務総長に就任され、更に三十七年には日颯上人ご遷化により、講育代務者を拝命されました。

そして同年十月には、本宗第十五世講有位を継承遊ばされたのであります。講有ご在位中における業績は、ブラジル弘通を初め、枚挙 (まいきょ) にいとまがありません。又、和光学園育ての親としても、「泉の光」 の著名人との対話を通じても、対社会的貢献度は計り知れないものがありました。

昭和四十一年に講尊となられてからも、「佛立信心像」 「ある角度から」それに「宗風の考え方」等、多<の著述(ちょじゅつ)を残され、弟子信徒の薫育にも意をそそがれて、佛立第十七世講有石同日養上人、佛立第廿二世講有井上日慶(にちけい)上人をはじめ、幾多の人材を育てられました。

昭和五十年乗泉寺住職ご退任後も、高祖七百回御遠諱・新宗制の制定等、為すことをすべて果たされて、昭和五十九年八月三十一日、弟子信徒の晨朝勤行の中、ご遷化遊ばされたのであります。

日晨上人のご門下に加えていただけた私共一同の果報、これに過ぎるものはございません。明日は、世田谷別院に於いて日晨上人祥月御命日総講が奉修されます。日晨上人のお残し下されたお徳をお偲びして教講一同さらなるご弘通ご奉公に励ませていただきましょう。

Share on Facebook

お泊まり交流会の様子

去る8月16日、17日乗泉寺に於いて、一泊二日でくんげ会・青年会・あゆみ会による「お泊まり交流会」を開催いたしました。

当日は御看経を頂いた後、リトミック教室や青年会のお兄さんお姉さん達に夏休みの宿題を見てもらったり、法鼓体験、寺内見学、みんなでお風呂、流しそうめん、花火、青年会の交流会、行道、寺内お掃除体験等々盛りだくさんの企画でした。その様子を写真でご案内いたします。

2 1 0 SONY DSC SONY DSC 3 SONY DSC 7 6 SONY DSC 10 9 SONY DSC 13 12 SONY DSC SONY DSC 15 20 SONY DSC SONY DSC 22 21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

8月17日御総講の御法門

8月17日御総講にて、川口御導師の御法門を聴聞させていただきました。

 御教歌:信心のまなこひらけば この娑婆が 即寂光と 見えわたるかな

 世間一般の楽しみというのは貪欲によるものですから、結局それだけでは満足できず、更にその上を求めるあまり、返って苦しむことになってしまいます。楽しそうに見えるものが実は苦しみの種なのです。

 しかし、信心の眼が開きますと、今まで見えなかったものが見えるようになります。娑婆(世間の上での楽しみ)が寂光(ご信心での喜び)である事も分かってくるのです。

 ご信心の楽しみが感得できれば、その分だけ自分が功徳を積むことができ、実りある人生を送らせて頂くことができるのです。ですから、世間一般の楽しみとご信心の楽しみとでは性質が全く異なる訳です。

 喜びは嫌な事から湧いてくるものです。人生は順調に行き過ぎるとつまずいた時に立ち上がる事が出来ないものです。 困っている時、失敗した時というのは、その問題を解決しようと色々悩み、考えますから、そこから成長する事ができるのです。

 無病短命、一病息災、二病息災と言うように、健康な人ほど油断して無理をしがちですから、短命で終わる人も少なくありません。逆に、幾つか病気を抱えている人は、病院などにこまめに通って自分の体を気遣いますから、長生きをする傾向にあるのです。

 御導師の御法門を聴聞させて頂きまして、私自身の経験を思い返してみますと、やはり挫折しそうになった時の気持ちの持ち方が大切だと思います。

 例えば難しい試験でも、何度不合格になろうとも、努力して合格できた時には、自分が気づかないうちに、実力が大幅に向上していたということもよくあることです。 本当の実力は失敗や挫折といった経験からしか得ることができないのかもしれません。

 失敗にいつまでもくよくよせず、何ごとも前向きに取り組んでいきたいと感じました。(S.M.)

Share on Facebook

信心相続と御利益

御教歌  妙法は  信心をもて  相続し  御利益をもて  人をたすくる

〔開化要談・八、扇仝13巻207頁〕

信心は自分一代だけで終わらせず、後続者養成が大事です。たえず信心相続を考えて御奉公に励みましょう。それには御利益をもって人助けの信行に気張ることが肝心です。

信者にとって最も大切なことは御利益のいただき方を知ること。逆に最も恥ずかしいことは御利益のいただき方を知らないことです。御利益は信の一字に徹して御宝前から授かるのでして、仏の慈悲の恵みです。まずはお寺のお詣りが基本です。

「御利生うくる傳授・口唱に心をつくせ、身を労して日参せよ」

                                                    (長松堂毎日行法記・扇仝6巻46頁)

御利益をいただく秘訣は何か。これはお寺参詣に徹し、心をこめて口唱の一行にはげむ。「お詣りできない」理由をならべるより、「お詣りできる」ことを考ゝえ、実行に移しましょう。

理屈と膏薬はどこにでも張りつくと申しまして、いいわけと弁解に終始するより、まずはお詣りさせていただきましょう。親からいただいた二本の足をつかっての日参、これが基本中の基本です。生涯参詣という言葉があります。

この世に生きている限り、お詣りをたやさない。この決意と信念とを持って下さい。頭で理解したものは崩れやすいですが、身で憶えたものは離れがたく、これが身付きの功徳で、信心は気孔から入ると申します。

お寺は弘通の道場で、道場である以上、信心を鍛え信心を磨く場所です。お詣りして生きる勇気なり希望なりが湧いてこなければなりません。特にお寺参詣した時は他を思いやる口唱行が大事。

部内の信者の一人一人が信心を改良して御利益をいただきますようにという弘通の思いのこもった口唱が大切です。更に信心の喜びと尊さを自信と勇気をもって人に説くことができますようにという願いをこめた口唱行に徹して下さい。

善悪の基準は弘通にあり、弘通に役立つことは善、弘通に役立たないことは悪です。ところが怠け出しますと、怠けぐせがつきやすく、一日おこたると、翌日もおこたり、これがたび重なりますと、怠っても何とも思わなくなります。

我々の心は坂道においた球のようなもので、そのままにしておいたのでは、自然に坂道をころがります。従ってたえずくい止める、これが折伏の一行で、お互いに励まし合うことです。信者が集まったら信心の楽しさなり喜びなりを話し合いましょう。

功徳になることは考えにくいですが、罪障になることはすぐに思いつき実行に移しやすいです。人に施せば施すほど、与えれば与えるほど、増えていくもの、これが功徳です。

信心の智慧がついてきますと、功徳になることと、罪障になることがはっきりと分かり、功徳の大切さ、罪障の恐ろしさが理解できてきます。たえず、御法門聴聞に心がけ、信心の智慧をつけて下さい。信心増進の糧は御参詣と御法門聴聞にあります。

特に善聴参詣に励んで良い話を聴く耳を持つことです。御題目にて人助けの御奉公に励むという菩薩行が当宗の信心の本筋です。逆に罪障が頭をもち上げてきますと、良い話を聞いてもすぐにはじきかえします。

 「菩薩とは教化の事也。教化とは弘むる也。利益廣大」

                                                                           (本尊抄曾讃・扇仝6巻134頁)

 「信心で相続する信心宗也。御利益で弘まる経力宗也」

                                                           (開化要談・八、扇全13巻207頁)

泣いて暮らすも一生ならば笑ってすごすのも一生です。人生には賞味期限はありません。終わりは次の始めで、歳を重ねれば重ねる程、光り輝いてこなければなりません。予想もつかない出来事が次から次と起こってくるのも事実です。

「一寸先は闇が良い」とも言われますから、油断は禁物です。上り坂、下り坂、まさかの連続、それだけに毎日を大切に生きて下さい。信者の一日は朝詣りから始まります。

Share on Facebook

納涼祭ステージダイジェスト2014

8月9日に世田谷別院にて納涼祭が開催されました。

1週間前から台風が近づいている予報があり、毎日天気図を見ながら気をもんでいましたが、当日は多少の雨は降りましたが、何とか無事に全てのプログラムを行うことができました。これも仏天のお計らいを頂いたことと、関係者の方々の日頃の行いのお陰でありましょうか(^^)感謝感謝でございます!

ステージの様子をダイジェストにしてみましたのでご覧下さい。

 

ご出演いただいた方々、どうもありがとうございました。お陰様で地域の方々にもお喜びいただくことが出来ました。来年もご協力いただけたら嬉しく思います。合掌

Share on Facebook

子どもお会式の様子

去る7月21日、渋谷乗泉寺に於いて第14回子どもお会式が開催されました。

第1部は本堂において法要が行われ、パンダさんが率いて子ども達が法鼓を叩いてのお看経。続いて、くんげ会の音楽隊による演奏があり、小さな子ども達が楽器をもって、一所懸命に歌っている姿に、参詣者の心を和ませていました。そして、10歳を対象とした2/1成人式が行われ、20歳の自分へメッセージを送りました。

最後に御導師より法話を頂戴致しました。子どもにも分かる優しい言上など、子どもお会式ならではの法要となりました。

第2部では境内において、プール、玉入れ、バルーンアート、ストラックアウトなどの青年会による各種ゲームコーナーや鉄道模型があり、みなさん色々な場所を回っておりました。天気も早朝は少し雨が降っていたのですが、昼頃には絶好の天候となりました。

教務部では、毎年恒例のフランクフルト、焼き鳥ブースに加え、本年は本格的な特大蒸し器とせいろを使った山菜おこわが作られました。他にも今年は各ブロックが担当して、かき氷、サモア、ポップコーン、お惣菜、ワッフル、たこ焼き、カットフルーツ、冷やしキュウリ等々たくさんの食べ物が充実しておりました。 

更に、本年は「文化の道」と題して茶道、華道、書道、香道、仏道など日本の古き良き伝統文化を体験していただけるコーナーを設けました。普段接することのない伝統文化に触れることで少しでも興味を持ってもらえたのではないでしょうか。

そして、子どもお会式の締めくくりの大イベントとして紙ヒコーキとばし大会が開催されました。紙ヒコーキ作り名人を新座からお招きし、自分達がつくった紙ヒコーキを誰が一番遠くに飛ばすことが出来るかと子ども達は競い合っていました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC 29 SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SONY DSC
1

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

協力ということ

協力から生ずる力は、相当の威力を発揮します。ですから信者は仏に協力を求め、実業家は協力体制を築く事に苦心と努力を払います。根の弱い木も、支柱が堅固なら、大風でも安心です。

自主独往とか、独立自尊とかいう言葉は、依頼心の強い弱虫を叱った言葉で、実際は、一人で仕事は出来ません。独り立ちに見えるのは、主役が目立ちすぎるからか、こちらの眼力が未熟で、脇役の働きを見出す力がないからです。

世の中は、万事が相より相助ける相関的関係で成立していますから、自力と他力の協力を考えないで暮らそうとするのは乱暴な話です。

異体同心という協力の方法は、各自がそれぞれの分野で働きながら、中心の大目標をめざして協力することで、同志的、信仰的協力とでも申せましょう。

三人寄れば文殊の知恵という協力方法は、相互に不足の箇所を補充し合ったり、考えを噛み合わせたりして、より以上に向上進歩しようという相互的、練磨的協力といったらよろしいでしょう。また、一本では弱いが、数本まとまれば強くなるという補強的協力の方法もあります。

要するに、いずれの方法による協力でも、独力より大きい力が出るのは事実です。ただそれを悪用すると大悪を犯し、善用すれば大善が積めるのだと心得て、かりそめにも悪事の協力は用心し、信心上も、生活建直しも、信心第一で、よき協力者を得ることに努めるべきです。

私どもはいわゆる凡夫ですから、ときどき、協力の功徳を忘れて、それを破壊する同破の罪をつくったり、ご弘通の邪魔になることに付和雷同したり、協力の煩わしさを嫌って独り信心に走ったりするときがあります。または他の協力を要求しながら、自分は非協力という、はなはだ手前勝手なときもあります。

当宗で異体同心という場合は、日蓮聖人に心を合わせることです。それが親しい教務員とか、役員を中心にした結合になると、党派争いが起こったり、分裂したりして、協力の弊害が多く出ます。

それで個人から家族、それから社会、個人から国家、それから世界で、信心では、家から寺、寺から本山、宗門というふうに、協力の範囲を、常に拡大しなければいけません。歴史家の指摘するところでは、文化の躍進は、異種の文化の接触するところに起こるといいますが、これも一種の協力の効果と申せましょう。

当宗で、生活建直し運動とか、社会福祉事業とかをご奉公の一部に併用するゆえんは、時代相応のご弘通の道を拡大強化したい念願にほかなりません。上述のごとく、「協力ということ」には、いろいろな問題が含まれています。

「気に入らぬ風もあろうに柳かな」ですから、お互いに忍辱の心で、積極的に協力の功徳を積みましょう。

Share on Facebook

2014 納涼祭

昨日、世田谷別院において納涼祭が開催されました。

出演者のみなさん、出店にご協力いただいた地域や御信者のみなさん。音響のセッティングやポスター作成をしていただいた方々。舞台作りなど設営に御尽力いただいた堅信会のみなさん。その他、会計や渉外、ごみの分別に携われた方々。本当にありがとうございました。

危うい天候でしたが、皆さんの納涼祭に対する思いが通じ、お計らいをいただき無事に開催することができました。重ね重ね感謝申し上げます。ありがとうございました。

ハワイアン

チームK・K

 

 

 

 

Yuki Hirohata

Trio De Te Quito

 

 

 

 

 

comso中島えりな

 

観客
よさこい

 

 

 

リラクシンオーケストラ

 

 

Share on Facebook

夏期参詣体験談③

ありがとうございます。今から二年前に受持お講師より、甲御講の願主をお受けするように勧められました。しかし、当時は私なりに精一杯御奉公をさせて頂いておりましたが、今ひとつご信心を決定出来ずにおりました。

その年の平成24年5月に主人の義母が96才で帰寂致しました。主人の親は昭和22年の入信です。当時、模範的な佛立信徒であった父に先立たれた後、義母はしばらく私たち夫婦と疎遠になっておりました。

その義母が平成10年83才の時です。長年住み慣れた家を離れることが決まり、家にお祀りしてあった大きな御戒壇と共に私たちのマンションに引っ越して参りました。その後、約13年間義母と共に過ごしました。

義母の葬儀は、江戸川教区のご信者の皆さま方の御参詣と御奉公を頂き大変立派に奉修させて頂くことが出来ました。

主人は、教区の皆さまの献身的な御奉公の姿に、心から感動し、感謝しておりました。それまで主人は、ご信心には全く無関心でしたが、母の葬儀の後から、仕事が休みの日には、乗泉寺へ御参詣をする日が多くなりました。

昨年、平成25年の1月で、主人は70才を迎え、勤めを退いたことをキッカケに、乗泉寺へのお寺参詣、身読会の御奉公と晩年の新たな目標を見つけ、心安らぐ毎日を送り始めました。

義母は生前、私たちに遠慮してか、余りご信心のことを話さなかったように思いますが、私たち夫婦に先祖供養と御題目口唱のご信心を遺してくれました。不思議な不思議なご信心です。御題目様のお導きを日々感得しています。

本年、受持御講師より『ご両親の回向供養の為にも、又、御導師へ直接功徳を積ませて頂ける御奉公「甲御講の願主」をお受けしましょう!』とお勧めを頂きました。

中々決定出来なかった「甲御講の願主」。主人と二人なら、御本尊様のご加護を受けて、竹之内家の御戒壇をより一層ご守護して頂けるのではと思い、今月から甲御講願主となりました。先日、無事に川口御導師より言上をして頂きました。

平成23年に正宗徒証を拝受させて頂いたばかりで、まだまだ課題は沢山あります。今後も一層健康には留意をさせて頂き、家族の信行相続をご祈願をしながら、生涯ご信心を手放すことがないように歩ませて頂きます。(M.T) 

Share on Facebook

お泊まり交流会のご案内

8月16日~17日は渋谷本寺において、14時より「くんげ会・青年会のお泊まり交流会」を開催いたします。親子で楽しめる企画となっていますので家庭内の信心充実を心がけ、積極的に参加いたしましょう。
※詳細は、下記のパンフレットをご覧下さい。

お泊りパンフ2お泊りパンフ1

 

Share on Facebook