9月1日御総講の御法門

9月1日の御総講にて、川口御導師の御法門を聴聞させていただきました。

御教歌 ひとつより なきいのち也 今度は みのりの為にもとひたらなん

命を大切にしなさいとお示しの御教歌です

人間は誰でも、三種類の年齢があります

生活年齢    人は毎日、年齢を重ねます。男性の平均寿命は80才、女性は85才だと言われております。

生理年齢   人の健康は、人それぞれです。年を取っても若々しい方も居れば、歳が若いのに身体が衰えてくる方もいます

精神年齢   人は歳を重ねるごとに、心を育てることができます。子供のころは自己中心的ですが、大人になると、他人の気持ちが分かってきて、気を使うようになります。

私達佛立信者は、この三つの年齢を常に大切に考えることが大切です。70才、80才、90才になっても、御法様の為に元気で御題目口唱、信行御奉公させていただけるように、自分の命は大切にしなさいとお示しの御教歌どございます。

私自身、まだ若いからといって安心してられないと思いました。これからも自分の身体を大切にし、日々精進させていただきたいと思います

 

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。