開講記念総講の様子

平成30年1月12日に行われた、開講記念総講の様子を掲載いたします。

ご開講の由来と、開講記念総講をさせていただく意味を分かりやすく説明下さる執事長。

ご開講の由来と、開講記念総講をさせていただく意味を分かりやすく説明下さる執事長。


御宝前に誓願を立てるブロック長さん達。

何故1月12日に開講記念日があるのでしょうか?それは、開導聖人が当時41歳の時、京都麩屋町の谷川浅七さん宅で初めて本門佛立講を開講なされたのが、今から162年前の1月12日であるからです。僅か6名の信徒によるご開講でしたが、そこからご弘通が発展し現在の本門佛立宗があるのです。その尊い第一歩に感謝し、御礼をさせていただくのが「開講記念総講」なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。