開導会体験談 ②

私は去年の9月になるまで、過去5年間にわたって頭に熱がこもるような奇妙な症状に悩まされていました。体は平熱なのですが、頭だけが常に37度くらいの熱を持ち、昼間は頭がぼうっとしますし、夜は2時間おきに目が覚めてしまい、怖い夢も見てよく眠れません。何軒かお医者様にも診てもらったのですが、特に悪いところはないと言われ、辛い症状を抱えながらもどうすることもできませんでした。

 そんな中、去年の9月4日に、同じ部のご信者さんの手術が行われることになり、その成功を願って別院にてお助行をすることになりました。お助行は朝から始まり夕方まで続き、御講師をはじめ多くの皆さまが参加されました。私も10時から4時まで皆さまと一緒に、休むことなく一生懸命お看経をあげさせていただきました。年齢的にはもう若くない私にとっては大変なお助行でした。

 その後疲れが出たのか、次の日から肩の張りが取れず、熱が出てきました。2日後に整形外科に行き診てもらうと、肩の張りは疲れのせいでしょうとのことでした。念のためレントゲンを撮ると、脊髄が少しずれていて、炎症をおこしているかもしれないことがわかり、早速飲み薬と湿布薬を頂いて帰りました。

その日の夜は、お医者様に言われた通り、ずれがあるという脊髄の辺りに湿布を貼って休みました。いつもは2時間おきに目が覚めてしまうのに、その夜は10時から翌朝6時まで夢も見ずにぐっすり眠ることができました。

 翌朝目が覚めると、なんとあれほど悩まされていた頭の熱もすっかり引いていたのです。肩の張りもいつの間にか治っていました。これには本当に驚きました。きっと元々脊髄のずれのせいで生じた熱が頭に上がってきていたのでしょう。これまで診てもらったお医者様では分からなかった原因が、今回のお助行のおかげで判明したのです。もしあの日のお助行に参加していなかったら、私は今でもあの辛い症状に悩まされていたことでしょう。

他のご信者さんへのお助行は、実は私自身へのお助行だったのです。私はこれは偶然起きたことではないと確信しています。御法様からの御利益だということを感得したのです。やはりご信心は素晴らしいものです。他の人のために願うことが、必ず自分自身に返ってくる。改めてご信心というものを教えて下さった御法様に感謝の気持ちがあふれてきました。これからもご信心を続けて行きたいと思います。よろしくお願い致します。(A.O)

Share on Facebook

開導会体験談 ①

以前から受持御講師に、甲のお席を受けてみてはと言われておりましたが、すぐにはご返事ができませんでした。乙の御講を受ける際、アパートの住人にお願いに行っても嫌な態度をとられ、その都度苦痛になっていました。甲御講は、人数も多いから、絶対に無理と自分にかんぬきを入れてきました。

そんな時、目黒連合の大先輩が甲の御講は、沢山のご信者さんたちの御題目をいただけるから、御法様もお喜びになるし、私は毎月御講を受けるようにしていると励まして下さり、総務局の皆様からも、応援のお言葉をいただきました。教化親に相談しました処、御講師や皆様達が応援して下さるのだからお受けしてみたら、と言われ決心致しました。

あとは御法様におまかせさせていただき、12月19日当日を迎えました。その日は晴天で暖かく、大勢のお参詣をいただきました。お受けするまでは大変だっただけに、喜びもひとしおで、涙が止まりませんでした。終わった後、住人の人たちに恐る恐る挨拶に行ったところ、先祖を大切にするのはとても良いことだから、これからは遠慮しないで下さいと言われ、驚きとともに大変うれしく、心の中で御法様にお礼を申し上げました。

ここにいたるまで御講師、教化親をはじめ、皆様のご協力をいただき、素晴らしい御講を務めさせていただくことができました。本当にお受けして良かったと感謝の気持ちで一杯です。また、教区内で下種をたくさんされている御夫婦が、5月に初めて甲御講を受けますとおっしゃって下さり、二重の喜びでした。下目黒教区は、去年今年と3人が新たに甲の席主になりました。大変にありがたく、これからもたくさんの席主が増えてくれたらと願っております。(T.N)

 

Share on Facebook

門祖会体験談 ②

 長男についてのお話をさせていただきます。私は23歳の時、第一子となる長男を出産しました。妊娠8ヶ月で早産をしてしまい、息子は1300グラムで生まれてしまいました。出産した病院では未熟児に対する設備が不十分でしたので、息子は生まれてすぐに国立病院に搬送されました。その病院の主治医からの説明は聞くに堪え難いものでした。

 「この一週間は生きるか死ぬかは5割ずつです。たとえ5割の確率で助かったとしても、7割は何らかの後遺症が残ります。覚悟しておいて下さい。」と言われました。私は息子が退院するまで約3ヶ月間、毎日お寺参詣し、お供水をいただいて母乳を搾り、息子に届けることが日課になりました。その御利益で息子は一命を取り留め奇跡的に後遺症もなく、元気に退院することができました。

 現在、息子は高校1年生です。息子の強い希望でスイスにある高校へ留学しております。留学先の学校は全寮制で、食事以外は掃除洗濯など全て自分でしなければなりません。寮は1部屋に高校1年生の息子と2年生、3年生の3人部屋です。単身で日本から12000km も離れた息子の事を考え、懐中御本尊をお供させていただきました。

 渡航後、息子よりメールが届きまして、内容は驚くものでした。何と「同室の日本人の先輩も僕と同じ懐中御本尊をお持ちしているよ。」とのことでした。聞けば大阪の清風寺のご信者さんでした。私は息子が御法さまにお守りいただいていると確信し、感謝のあまり涙が溢れました。息子はまだ16歳ながら何度も現証御利益をいただいております。息子には将来何の職でもいいので、社会貢献できる、魂の強い成人になってほしいと願っております。

 最後になりましたが、未熟な私にいつも沢山のことを教えて下さり、皆さまに深く感謝しております。そして私を娘のように接してくれている主人の母にはとても感謝しております。母は佛立宗の素晴らしさや大切さを実体験に基づいて話してくれます。私も将来、母のような女性になりたい、そう思います。これからも、常に感謝の気持ちを忘れず、佛立宗について学び、知識を深めたいと思っております。(C.O)

 

 

Share on Facebook

門祖会体験談 ①

私が本門佛立宗にお出会いしましたのは、縁あって嫁いでからのことです。母は数々のお役をいただき、また常任のご奉公等、本当に前向きなご奉公をさせていただいたと思います。母の信心前を見習い、すべてを引き継いでいきたいと思い、嫁いで間もなく、いずみ会、婦人会のご奉公等をさせていただきました。母は「しっかり私を見ててね」と、いつも笑顔で優しく導いてくれ、二人三脚でご奉公をさせていただいたお陰で、今の自分があります。知らず知らずの内に育成していただいたと深く感謝しております。

 母は昨年、92歳で旅立ちました。晩年、間質性肺炎を患い入院しましたが、関わるすべての方々に「ありがとう」の言葉を言っておりました。特に看護師さんたちからは「母が傍にくると心が癒される」と言われて、とても大事にしていただきました。その間、私共が希望していた在宅医療が実現し、温かな医師に巡り会うことができ、自宅療養となり、家族中で一緒の時を過ごすことができました。「ママ、いつもありがとう。私のような幸せ者はいないね」と言ってくれました。普通、間質性肺炎は非常に苦しむとのことですが、その様なこともなく、静かに寂光へ・・・それはそれは、昔に戻ったかの様に若々しく、光り輝く母の姿でした。

 御法さまのみ教えを素直正直にいただき、思いやりの心を持って生きることが佛立信者の基本であると教えられたことを、母からの最大の贈り物と心に刻み、少しでも近づける様日々、信心改良、信心増進に努め、ご奉公に精進させていただきたいと思います。そして、今度は自分が子供達に伝えていきたいと思います。 (Y.T)

Share on Facebook

寒参詣体験談④

つい2週間前の15日、待望の新居へ無事に引越しする事が出来ました。本日はその転居の際に頂いた御利益談をご披露させて頂きます。

私は平成10年より17年間、世田谷区にある都営住宅に住んでおります。以前から、この都営住宅を含めた周辺の建物の老朽化が進み、地区一帯の防災機能の強化が求められていました。

そして5年ほど前から私の住む都営住宅の新築工事が始まりました。途中、平成23年に起きた東日本大震災の影響で、工事関係の業者が被災地へ支援に向かわれていた為、工期は最初の計画よりも延長されました。

当初は「昨年(平成26年)の9月に入居」という計画でしたが、工事の延長により「今年(平成27年)の1月に入居」に変更との発表がありました。昨年、「年内に引越し出来る、新しい住まいで新年を迎えられる」と思っていた事が変更と聞かされた時は、少し残念でした。

しかし、それを引きずっていては先に勧めません。入居予定は延期になりましたが、今後の生活がより良くなるかを決める「部屋の抽選」が始まりました。私がこれから住む建物は8階建てで、他よりも高齢者の世帯が多いのです。

その為、1階を希望される方が多かったのですが、私は、幸いな事に、毎日50分歩いてお寺にお参り出来るほどの丈夫な体を頂いております。そこで、今後の事も考えた上で、階段の上り下りが少し出来て、ちょうど軽い運動になる様な「3階ぐらいの部屋が当たって欲しいな」と心の中で願っておりました。

願い事はこれだけではありません。部屋の向きも重要です。公園側の西向きですと、暑さに弱い私にとって夏は厳しい闘いとなる為、一番良いと云われる「東南向きの部屋が当たって欲しいな」とこれも心の中で願っておりました。それでも抽選ですから西向きになる可能性も十分覚悟していましたが、なかなか諦める事が出来ませんでした。

7月の夏期参詣中、その2つのお願い事が叶います様にと、今まで以上に開門参詣に気張り、必死に祈願成就に向けて信行させて頂いておりました。その結果、部屋は自分の希望通り「東南向きの3階」が当たったのです。このお計らいを頂いて喜びの中、夏期参詣を皆参する事が出来ました。さらに引越しに関しても早い時期から完成していたいくつかの建物は、建物周辺の設備が遅れている為に、引越しの出来ない状況でしたが「私の住む3号棟から引越し出来る」という御利益も頂いたのです。

私は以前と比べてお参詣に気張る様になりました。「改良させて頂くと、物事がうまくいく」という御利益を頂き、そして「色々な場面で良い方向に向いている事が多く感じられる」様になりました。今後はこのご恩に報いるべく、御奉公に気張り、御法の為に尽くさせて頂きます。ありがとうございます。(T.U)

 

 

Share on Facebook

寒参詣体験談③

この一年間、五反田連合では毎月一回教化道場を開催させて頂いております。無事にお教化が成就します様にとの思いで御講師と誓願者が毎回一時間のお看経を上げさせて頂いております。十月に入りまして、小山教区三部所属の方が亡くなられましたとの連絡を頂き、葬儀のご奉公をお願いされました。

この方は甲御講の願主で、ずっとお一人暮らしでした。「喪主はどなたですか?」、「法灯相続は無理では?」と思いながらお通夜に参列致しました所、ご親戚の方から、養女となられた次女の方を紹介され、喪主をつとめますとの事でした。

 私は早速「ご回向をさせて頂くには このご信心しかないので、貴女が引き継いでこのご信心をなさって下さいね」とお話ししました所、「何も分かりませんので教えて下さい。よろしくお願い致します」とのお返事を頂きました。私は嬉しくて告別式の日に入信書を持参し、丁度三部の部長さんも参列されており、葬儀の合間に入信が決まりました。

 次女の方のご主人のお名前で入信書を書いて頂きましたが、後日次女の方より「私がご信心を一生懸命にさせて頂きます。御講願主も私がさせて頂きます」との申し出があり、育成の第一歩が踏み出せたと大変随喜致しました。このお教化で小山教区は教化三戸成就の目標を達成する事が出来ました。今後もご奉公に頑張らせて頂きたいと思います。(H.S)

Share on Facebook

寒参詣体験談②

昨年の4月、主人は88才の天寿を全うしました。主人は数年来、脊椎の病気を患い、臥せっている時が次第に多くなり、起きるのは週に一回病院へ治療に行く時位になっておりました。それでも気分の良い時には御宝前の前に座りしばらくお看経をあげている事もよくありました。

 聞くところによりますと、この病気は常に痛みにおそわれ、本人も又家族も大変つらい思いを強いられるそうですが、主人の場合はたまにはつらさを訴える事もありましたが、比較的平穏に過ごしている事が多くありました。看病する身にとっても大変有難い事でした。

 ところが、一昨年の11月に右の肺にガンが出来ているとの診断を受けました。高齢であり体力も衰えている事でもありますので、医師の見解と家族の気持ちを考え合わせ、本人には告知せずにこのまま安らかに時を過ごしてもらったほうがいいという結論に達したのです。従って、手術や抗ガン剤の投与などはせずに在宅医療医師の世話になりながらこのまま家で過ごして貰おうという事にしました。

 そして昨年の4月20日家族に見守られながら寂光へと旅立ちました。主人のいなくなった後、今までの色々の事柄が頭に浮かんでまいります。それにしても、病弱だった主人はあまりお寺参詣や御講参詣にも出られず、ご奉公も殆んどさせて頂けなかったのですが、病気療養中もそれほど苦しむ事なく又、臨終も穏やかな表情で旅立てたという事は実に有難い事と改めて感謝しております。

これも主人が御法様を信じてお任せしていた結果だったと感謝させて頂き、有難さが身にしみてまいります。この上は主人の遺志を受け継いで御法様をお持ちさせて頂く所存です。ありがとうございました。(T.E)

 

Share on Facebook

寒参詣体験談

ありがとうございます。私の母は今年で94歳になりますが、お陰さまで今でも御講席や御総講のお参詣をさせていただいております。私の亡き父は生前長いこと連合長の御奉公をさせていただき、母は家のお店の仕事をして、影で父の御奉公を支えておりました。

平成10年に父が亡くなってからは、母が外に出る様になり、部長や班長の御奉公をさせていただく様になりました。そんな母も平成18年の夏、突然足の付け根に激痛がはしり動けなくなってしまい、しかも40度の熱も続いて入院をすることになりました。おそらくウィルスが原因だろうということでしたが、その時ははっきりと病名がわからず、入院をしながら治療がしばらく続くことになりました。

母は入院中、ベッドの上で早くよくなります様にと毎日朝夕御題目をお唱えし続けておりました。普段から「歩けなくなったらおしまい」と口癖の様に言っておりましたから、入院中もベッドの周りを歩いたり、ベッドの上で運動したりと退院後も歩ける様に努めていました。

入院当初は、お見舞いに来てくださったご信者さんがもう助からないと思っていたほど母は体調を崩していましたが、御題目を毎日朝夕お唱えし、また歩けるように必死に努力をした母は三ヶ月で無事に退院するお計らいをいただきました。現在は月に一度の病院も一人で電車やバスを利用して行き、毎日の食事の支度、買い物、植木の水やり、針仕事と時間はかかりますが自分の仕事は自分でこなしています。

足腰もしっかりとして耳や目も不自由することなく元気で、どんなに辛いことがあってもいつも笑って過ごしています。毎日朝夕のお看経をあげないと気分が悪くなると言って、必ず毎日御題目をお唱えして、コツコツとご信心を続けています。これからも母の背中を見て、私も日々努力をしていきたいと思います。ありがとうございました。(H.K)

 

Share on Facebook

まごころ込めた御奉公に随喜されて法灯相続教化成就

ありがとうございます。4月にお教化させて頂きましたことで、ご披露させていただ

きます。長年、教区に所属されていたKさんは、班長から副部長さんへとお役に励まれ、たくさんの御奉公をされていらっしやいました。

30代半ばで膠原病(こうげんびょう)を患われて通院しながら、子育て、お仕事、そしてお寺、御講席へのお参詣など、御奉公を続けていらっしゃいました 。

ところが、昨年の春頃から、かなり体調を崩され11月に71歳で亡くなられました。

まだまだこれから一緒に御奉公に頑張っていこうと思っていただけに、とても残念な思いとともにかなりの寂しさを覚えました。亡くなられたKさんには、独身のご子息が二人いらっしゃいます。

ご葬儀や納骨、七日七日のお助行等は、連合長ののサポートを頂きながら無事終えることが出来ました。葬儀等全くわからない二人のご子息は、無事に葬儀が執り行われた事に大変感謝されていらっしやいました。

納骨やこれからの事も、何度かお会いしたり、メールや電話でのやりとりを交わしておりましたら、ご長男の方が「今後は自分が佛立宗を継いでいきます。」との連絡を頂き、入信されました。

乙講の願主にもなって頂きました。まだ独身の二人のご子息にとって、私たち佛立宗の役中が葬儀や納骨、そして自宅のお戒壇のお給仕などについて、細やかな御奉公をさせて頂く姿を見て、お二人の心に真心が通じたのだと思います。

これもすべて、連合長さんの行き届いた配慮と心遣いの御蔭です。今までは、亡くなられたお母さまがお会式に参詣されていらっしゃいましたが、今年春の門祖会や開導会にも、二男の方がお参詣してくださいました。

これからも色々と連絡を取りながら育成の御奉公等に頑張らせて頂きます。ありがとうございました。

Share on Facebook

高祖会の体験談

11月9日(日)第3座11:30~の座に於いて、発表いただきました体験談を掲載させていただきます。

今日はホメルというお話をさせていただきます。私宅は主人が40歳で家を出て、70歳で帰宅する迄の30年、御法様にお守りをいただき、2人の子を私が育てましたが、何をするのも、何か物を頼むのも、先ずあなたは良い子だからこれをしてねとか、ホメルことを先にお嫁に出す迄続けました。

私は2歳で転んでケガをしてメクラになり、4歳で寒参詣中に御宝前の御導師のおひざの上で眼があく迄、毎朝父にオンブされて、林木町のお寺にお参詣して耳から憶えた如説修行抄等分からないながらお唱えし、ご褒美に眼を開けていただいたと思っております。

此の頃は世の中が変わったのか、人嫌いになっていらっしゃる方が多い様に思います。こちらが好意を持って接すると、顔の一部とかお人柄とか、どこか良い所が分かるものです。そんな時は心からホメテあげて下さい。こちらが変な顔とか、嫌な人だとか思うと相手に通じてしまいます。

私は4歳で眼が開いたのを見て安心したのか、母が死んで、後に後妻が来て一度もホメられた事がなく、淋しい思いで育ちましたが、89歳の現在、人の喜びも痛みも分かる様になり今では感謝しておりますが、当乗泉寺の御住職様は本当にホメ上手な方で、御信心の事で少し落ち込んでいても、又御奉公に人のお世話にやる気を出させていただいています。

どんなに嫌な人だと思っても、良い所を見つけてホメて下さい。きっと仲良くなれると思います。ホメ上手になって下さい。心からホメて下さい。ありがたい事に佛立信者として御法様に守っていただき、良い御信者とお友達になり、最後迄皆仲良く毎日を大切に感謝して、人の和を心掛けると素直正直になれると存じます。ありがとうございます。(E.Y.)

 

Share on Facebook