ご回向の大切さ

葬儀、ご回向の際に使用する乗泉寺オリジナルの「ご回向のしおり」が寺務所にあります。

お彼岸が明日から入りますので、知人友人家族にも見ていただいて、ご回向の大切さをお伝えさせていただきましょう。


以下、ご回向のしおりより


ご回向といいますと、お彼岸やお盆の時にお墓参りをしたり、命日にお塔婆をあげてお寺で法要をつとめるだけでいいと思っている方がおりますが、それは違います。

ご先祖とひとくくりにいいますが、私達の親は2人、そのまた親は4人と、10代さかのぼりますと直接のご先祖の数だけでも2048人になります。さらにもう10代さかのぼりますと、なんと209万7552人というとんでもない数字になるのです。

もしその中の一人でも欠けていれば私達はこの世に存在することができなかったわけですから、この現在の生活はすべてご先祖のお蔭ということになります。

したがって毎日がご先祖の誰かの命日だと思って、日々感謝の気持ちを持って、ご回向の心を暮らしの中に反映させていかなくてはなりません。

また、ご先祖の中には、不幸の中で亡くなった人もいるでしょうからそのような方々は特に、私達のご回向を喜んでくださいます。ご先祖を良くすることは、私達を良くすることにもつながります。だからこそ、ご回向の心を起こすことが大切なのです。

Share on Facebook

東日本大震災第七回忌

当寺院では、朝参詣に併修して東日本大震災第七回忌の慰霊法要をさせていただきました。

言上文

御宝前に於いて謹みて言上し奉る

去る平成23年3月11日、午後2時46分に発生した、岩手、宮城、福島各県を中心とする東北地方太平洋沖地震と、それに伴う津波、家屋の倒壊、火災、およびその後の余震により引き起こされし大規模地震災害によりて犠牲となりし者は1万5894名也。行方不明者は2561名也。

被害は1都1道18県にも及ぶ、近年稀に見る大災害也。本日七回忌を迎える犠牲者諸精霊の年忌回向を此処に修し、妙法経力によりて慰霊と成すべし。

謹んで回向し弔う霊魂 

東日本大震災犠牲者之諸精霊 第七回忌
妙法経力追福作善証大菩提

仮使遍法界 断善諸衆生 一聞法華経 決定成菩提

生死の長夜を照らす大灯明、元品の無明を切る大利剣、
妙法経力追善菩提          

弔主  乗泉寺

なお、この地震に依りて起こりし福島第一原子力発電所事故無事早期終息、地震、津波に依りて被害を蒙りし被災地、被災者の早期復旧、復興、行方不明者の早期発見を祈願し奉る、感応道交哀愍納受

本門八品所顕上行所伝本因下種の南無妙法連華経

本門佛立宗の各寺院でも慰霊法要が執り行われております。

本門佛立宗ホームページ http://www.honmon-butsuryushu.or.jp/

Share on Facebook

3月に入りました

今年の冬も厳しい寒さでしたが、ようやく春の暖かさを感じられるようになってきました。 

とはいえ、季節の変わり目でもありますから、気温の変化に注意をして風邪などを引かないよう、健康で明るく前向きに
御奉公に励んでまいりましょう。 

今月の主な行事は

11日(土)「東日本大震災第7回忌法要」 渋谷本寺・朝参詣併修

13日(月)「口唱院様(日歓上人ご内室)50回忌 御総講併修

20日(月・祝) 「春季彼岸会」 (世田谷別院・八王子別院) 

東日本大震災から6年が経過しようとしております。お亡くなりになられた全ての諸精霊に対し、追善供養の志をもってお寺参詣に励ませていただきましょう。 

また今月は、お彼岸の月でもありますから、先祖回向の大事をご家族や友人知人にお伝えさせて頂きましょう。

Share on Facebook

信徒実践講座

去る2月16日、高祖大士ご降誕会総講の後、渋谷本寺において本年度最初の信徒実践講座が開催されました。参加者は96名でした。

今年の実践講座は世田谷別院、新座別院、多摩親会場でも開催される予定で、早速2月から各拠点においても開催され、それぞれ盛況であったようです。

今月は、26日(日)9:30より、第二回目の渋谷本寺開催があります。すすんで聴講させていただき、御奉公の基本をふりかえって勉強いたしましょう。

Share on Facebook

高祖会一日目体験談

ありがとうございます。

高祖会第一日目の体験談を掲載いたします。御奉公での喜びの声を紹介させていただきます。

ご信者Aさんへ質問

御奉公をされるようになって感じたことはありますか?

「最初の御奉公はお会式で他寺院参詣者のご供養場への案内係でした。そこでは多くのご信者と接する機会があり、お参詣者から「ありがとうございます」と声をかけていただき、感謝の言葉もいただきました。挨拶をキッカケに自分からも声をかけさせていただく等、とても楽しい一日を経験させていただきました。」

御奉公をさせていただくようになって「良かったな」と、感じることはありますか?

「御奉公を始めた当時は、母親の介護もある中でした。介護は体力をつかう分、御奉公をお断りされる方もいると思います。ですが、御奉公は楽しいもの、喜んでさせていただくという気持ちを持つだけで、自然と身体は疲れることなく、さらに健康のお計らいを頂けていると実感しました。

一つ一つの御奉公もこれで功徳を積ませていただけていると喜びをもっていけば、かならずお計らいを感得できる時が来ることを、まわりの人にも伝えさせていただきたいです。

今は主人の仕事の手伝いで忙しい日々ですが、部の御講や御奉公も楽しくさせていただいています。あとはしっかりと、このご信心を息子二人に伝えたいと思っています。」

ご信者Bさんへ質問

御奉公をされるようになって感じたことはありますか?

「会社では同年代としか付き合うことがありませんが、ご信心の世界は世代が違う人との付き合いがあって、人と人との繋がりを感じることができました。

御奉公をさせていただくようになって「良かったな」と、感じることはありますか?

「お会式で駐車場の交通整理をしている時に、「ありがとうございます」と挨拶をすると、ちゃんと「ありがとうございます」と返事をしていただけることが嬉しく感じます。

他には、お会式の交通整理や子どもお会式などの御奉公でも、みんなでワイワイやると学生の頃の学園祭みたいで楽しいですし、自分が準備御奉公で携わったものをお会式当日に見ると、自分がさせていただいたんだなぁという思い入れができて嬉しい気持ちになります。

御奉公が終わり、みんなで「終わったね」と声をかけあった時、一緒に一つのことをやり遂げたんだという達成感を味わうことができます。

何もわからなくても、みなさん親切に御奉公を教えてくださいますし、せっかくさせていただけるんだからさせていただける時には一生懸命にさせていただこうと思います。

そうした時にやりきった感、充実感がわいて、御奉公に喜びを感じることができます。」

本年度の高祖会では、各座ごとにテーマを設て発表をしております。

明日まで高祖会を奉修させていただいておりますので、是非お参りください。

Share on Facebook

乗泉寺未来をつくる一座(10月23日開催)の様子

去る10月23日乗泉寺の未来をつくる一座を開催しました。

第一部を本堂、第二部を境内にて執り行いました。600名以上のお参詣をいただき、大盛況の一座となりましたので、第一部を中心にその時の様子を紹介いたします。

乗泉寺未来をつくる一座

御導師を先頭に、本堂後方より昇堂。

乗泉寺未来をつくる一座

乗泉寺未来をつくる一座

SONY DSC

熱心にお看経。

乗泉寺未来をつくる一座

乗泉寺未来をつくる一座

乗泉寺未来をつくる一座

教務部代表による、未来に向けた誓いの言葉。

乗泉寺未来をつくる一座

乗泉寺未来をつくる一座

スカウト会からの誓いの言葉。乗泉寺未来をつくる一座

くんげ会からの誓いの言葉。

乗泉寺未来をつくる一座

青年会の誓いの言葉。

乗泉寺未来をつくる一座

あゆみ会からの誓いの言葉。

乗泉寺未来をつくる一座

初めての試みとして、本堂にモニターを設置して動画を放映。ご自身の紹介ビデオをご覧になり、御導師が思わず失笑!?なされる。

乗泉寺未来をつくる一座

モニターに映し出された、御導師へのインタビュー乗泉寺未来をつくる一座

御導師より、未来に向けた激励をいただく。

乗泉寺未来をつくる一座

参詣者一同の真剣な面持ち。

 

Share on Facebook