高祖会の様子

11月8日・9日は乗泉寺において秋の御会式の高祖会が合計8座奉修されました。2日目の朝は少し雨が降りましたが、ほどなく止み、総じて良い天気に恵まれました。 

今回も班長大会・信寿会参詣強調の座・青年の一座などが奉修され、それぞれ多くのお参詣、御奉公をいただきました。 

一週間前より寺内清掃、テントやテーブル等の設置も行われました。寒くなってきた気候の中、沢山の方々に御奉公いただきました。 そして教区、部内でも将引が行われ無事にお会式日を迎えることが出来ました。

 当日の早朝より各部署の準備・受付の御奉公をされた方々、参詣統計や信行相談、他寺院の案内、本堂での拍子木の御奉公、席上案内、エレベーター係、ご供養係、各部署での接待係、お供水係、救護係、境内やトイレ掃除係、霊堂係、シャトルバスの誘導や車の交通整理をされた方々。

 にこにこパークやベビールームで御奉公された青年会やあゆみ会の皆さん、元気な挨拶でお参詣者を出迎えてくれたスカウト会の皆さん等々、多くの御奉公者が教講一体となって無事に開導会が奉修させていただくことができました。ありがとうございます。

P1040915P1040914

 

 

 

 

P1040932P1040933

 

 

 

 

P1040934P1040935

 

 

 

 

P1040936P1040937

 

 

 

 

P1040941P1040930

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

得度式の様子

去る10月1日お総講終了後得度式が執り行われました。

4月1日より乗泉寺に入寺された金澤善人君と指田敬太くんは、6ヶ月にわたる所定の見習いご奉公を修め、僧名「金澤廣善」「指田行敬」と命名せられ、教務部入りを允許されました。

得度式では、約200名の御信者に見守られる中、お導師よりご剃髪を頂戴しました。その後誓いの言葉のなかで「仏祖の御心に叶ったご弘通ご奉公に精進させていただきます。」と御宝前に誓願を立てられました。

得度式の後は、お導師より允許証を拝受し、別室にて高祖大士御妙判、開導聖人御指南の拝読の儀が執り行われました。

得度後の祝宴会では多数の御信者が列席され、廣善師、行敬師の出家をお祝い致しました。その後は、世田谷別院の日晨上人・日歓上人の御墓前にて無事得度の御礼がされました。

1 SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

Share on Facebook

お泊まり交流会の様子

去る8月16日、17日乗泉寺に於いて、一泊二日でくんげ会・青年会・あゆみ会による「お泊まり交流会」を開催いたしました。

当日は御看経を頂いた後、リトミック教室や青年会のお兄さんお姉さん達に夏休みの宿題を見てもらったり、法鼓体験、寺内見学、みんなでお風呂、流しそうめん、花火、青年会の交流会、行道、寺内お掃除体験等々盛りだくさんの企画でした。その様子を写真でご案内いたします。

2 1 0 SONY DSC SONY DSC 3 SONY DSC 7 6 SONY DSC 10 9 SONY DSC 13 12 SONY DSC SONY DSC 15 20 SONY DSC SONY DSC 22 21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

子どもお会式の様子

去る7月21日、渋谷乗泉寺に於いて第14回子どもお会式が開催されました。

第1部は本堂において法要が行われ、パンダさんが率いて子ども達が法鼓を叩いてのお看経。続いて、くんげ会の音楽隊による演奏があり、小さな子ども達が楽器をもって、一所懸命に歌っている姿に、参詣者の心を和ませていました。そして、10歳を対象とした2/1成人式が行われ、20歳の自分へメッセージを送りました。

最後に御導師より法話を頂戴致しました。子どもにも分かる優しい言上など、子どもお会式ならではの法要となりました。

第2部では境内において、プール、玉入れ、バルーンアート、ストラックアウトなどの青年会による各種ゲームコーナーや鉄道模型があり、みなさん色々な場所を回っておりました。天気も早朝は少し雨が降っていたのですが、昼頃には絶好の天候となりました。

教務部では、毎年恒例のフランクフルト、焼き鳥ブースに加え、本年は本格的な特大蒸し器とせいろを使った山菜おこわが作られました。他にも今年は各ブロックが担当して、かき氷、サモア、ポップコーン、お惣菜、ワッフル、たこ焼き、カットフルーツ、冷やしキュウリ等々たくさんの食べ物が充実しておりました。 

更に、本年は「文化の道」と題して茶道、華道、書道、香道、仏道など日本の古き良き伝統文化を体験していただけるコーナーを設けました。普段接することのない伝統文化に触れることで少しでも興味を持ってもらえたのではないでしょうか。

そして、子どもお会式の締めくくりの大イベントとして紙ヒコーキとばし大会が開催されました。紙ヒコーキ作り名人を新座からお招きし、自分達がつくった紙ヒコーキを誰が一番遠くに飛ばすことが出来るかと子ども達は競い合っていました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC 29 SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SONY DSC
1

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

夏期参詣報告

夏期参詣も半ばを過ぎました。暑い日が続いておりますが、沢山の御奉公者の支えをいただき、連日お参詣者でにぎわっております。

夏期参詣の御奉公の一つに、御供養わたしがあります。早朝から御供養のパンを用意して、その御供養をお参詣者にお配りしていただいております。御奉公者が、お参詣される方々に笑顔で挨拶をしてパンを配っている姿は、夏期参詣の期間中ならではの光景です。

また、夏期参詣の名物として、渋谷駅前から乗泉寺間を直通のシャトルバスが運行されております。そちらの方も青年会をはじめ、多くの方々に、朝早くから御奉公いただいております。

その他にも、夏期参詣では多くの方々が御奉公されており、お参詣の統計を取ってもらったり、お参詣の将引にお気張りをいただいております。

夏期参詣も、あと残りわずかです。暑い最中ではありますが、お互いに励まし合って、お寺に一日でも多く足を運ばせましょう。

 

12

 

 

 

 

34

 

 

 

 

56

 

 

 

 

78

 

 

 

Share on Facebook

妙証池のお客さん(平成26年版)

毎年、妙証池に鴨の”つがい”がやって来ます。
今年もお参詣をされましたので、その様子をアップ致します。

昨年の様子は、O.jo師のブログをご参照下さい。

鴨1

鴨2 鴨3  鴨4 鴨5 鴨6 鴨7  鴨8

画像からは見えにくいのですが、霊堂への架け橋下に鴨の”つがい”がいます。

 

 

 

架け橋の下からなかなか出てこないため、撮影も悪戦苦闘です。

 

 

 

ようやく出てきました。

 

 

 

 

2羽いるのがお分かりかと思います。

 

 

 

 

別のアングルから。
1羽が池の中に頭を入れて、何かを探しています。

 

 

 

かなりの時間、もぐっていました。
ちなみに魚はおりません・・・

 

 

 

まだもぐっています。
隣の鴨もあきれ気味!?

 

 

 

ようやく顔を出しました。
隣の鴨が、「おつかれさん」と声をかけているようにも見えました。

 

皆さんもお寺に来られた際には、妙証池をのぞいてみてください。
思わぬ”お参詣者”に出会えるカモしれません。

Share on Facebook

開導会の報告

6月7日・8日は乗泉寺において夏の御会式の開導会が合計8座奉修されました。梅雨時期ということもあって、2日間ともあいにくの天気でしたが、総合計5189名のお参詣をいただきました。

今回は支庁巡教・班長参詣強調の座、信寿会参詣強調の座、青年の一座などが奉修され、それぞれ多くのお参詣、御奉公をいただきました。

一週間前より寺内清掃、テントやテーブル等の設置も行われました。また紅白の鯨幕も張られるなど、お会式らしい雰囲気が出るよう沢山の方々に御奉公いただきました。 そして教区、部内でも将引が行われ無事にお会式日を迎えることが出来ました。

当日の早朝より各部署の準備・受付の御奉公をされた方々、参詣統計や信行相談、他寺院の案内、本堂での拍子木の御奉公、席上案内、エレベーター係、ご供養係、各部署での接待係、お供水係、救護係、境内やトイレ掃除係、霊堂係、シャトルバスの誘導や車の交通整理をされた方々。

にこにこパークやベビールームで御奉公された青年会やあゆみ会の皆さん、元気な挨拶でお参詣者を出迎えてくれたスカウト会の皆さん等々、多くの御奉公者が教講一体となって無事に開導会が奉修させていただくことができました。ありがとうございます。

参詣① 参詣② 御導師巡回 写真撮影 参詣③ スカウト会 参詣⑤ 参詣⑥

班長大会の風景②

 

信寿会強調の座1

Share on Facebook

乗泉寺宝物「草がくれ」

今回は乗泉寺宝物庫の中から「草がくれ」というお歌の入った掛け軸を紹介させていただきます。

kusa1

kusa2

 

この掛け軸は、小川とそのほとりに芽を出す草の絵が描かれており、その左右に短歌を詠まれております。やはり黒墨で一筆で描かれた、迷いのない開導聖人の技術がうかがい知ることが出来る絵です。 

 

kusa3

 

短歌には「草かくれ 奈可累ゝ水毛 せ可れて盤 世にありかほ爾 音多てぬめり」とあり、現代の書き方に直すと「草がくれ ながるゝ水も せかれては 世にありがほに 音たてぬめり」という文字になります。

 

kusa4

 

現代語訳は「草に隠れて静かに流れる小川も、堰き止められると、ここにいますよ、とばかりに、音を立てるようだ、という意味となります。

 

 

このお歌は、和歌としても一級だと思われ、開導聖人の歌人としての才能もうかがい知ることができます。

 

Share on Facebook